できるマーケターが陥る自画自賛の罠

  1. プランニング

昨日の息子のおやつはハンバーガーを作るお菓子でした。

子供って作る系お菓子が好きですよね。僕もねるねるねーるねが好きでした。

今食べたらとても食べれたものではないですが、当時の自分にとっても最高のお菓子でした。

その理由は、味ではなく体験に価値を感じているからです。

自分が作ったという経験が味をも美味しいものへと変化させているということです。

自分で作った料理を美味しく感じることってありますよね。

人の料理にはケチをつけられても、自分の料理にはケチをつけず良いところを探して、そこを最大限評価します。

自分が時間と労力をかけて作ったのに美味しくないとしたら、無駄なことをしてしまったということになります。

そう感じたくない気持ちが働くため、できるだけ良い点を探して自分が間違っていないということを評価するという行動に繋がります。

自分と他人との評価の違い

人は自分の身に起こったことは外的要因のせいだと感じ、他人の身に起こったことは本人の問題だと感じます。

例えば、自分の参加した競合プレゼンに負けた時、他社に劣る商品や競合の実績などを原因に挙げることがあります。

でも、誰かが競合プレゼンに負けた時、その人の準備不足を指摘したりします。

事前にもっとクライアントから情報を引き出せたのではないか?

普段からもっとクライアントをグリップしていればよかったのに、などと。

マーケターの陥る罠

マーケティングを理解しているマーケターもこの自画自賛の罠に陥りがちです。

自分で設計したマーケティングプランで結果が出せていなかったとしても、それをそれと認めずに、別の要因を持ち出してプランを改めようとしないことがあります。

自分が作ったものが間違っているはずはない、と思いたい心が先行してしまう状況です。

自分の行いを客観的に見れるようになって一人前だなと、自分自身を振り返っても感じます。

いつになったら一人前になれるのか、道は長いですね。

p.s.

ただ実際にはプランが悪いというよりは、それを実現するための実行に問題がある場合が多いので、コロコロとプランを変えることもよくないとも思っています。

変わる環境と状況に合わせて、プランとアクションを変えてバランスを取りながら前に進むことがマーケターには求められます。

 

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

LINE広告を運用してみて

Yahoo!とLINEの経営統合か沢尻エリカかという昨今ですが、マーケティングに携わっている僕としては、Yahoo!とLINEの経営統合後の世界をとても楽しみ…

正しい競合調査の鉄則

リサーチやってますか?マーケティングでリサーチと聞くと、市場調査や競合商品調査などを思い浮かべると思います。今回は競合商品調査についてのお話です。競合…