動画元年って何年あるの?

  1. コラム

毎年「動画元年」という言葉を至るところで耳にしますが、個人的にはもう既に数年経っている印象です。インフラの整備に伴い、コンテンツの供給が進んだことによって、動画コンテンツがより生活者の身近になってきています。

Youtubeには毎分72時間分の動画コンテンツがアップされているらしいです。モバイルからのネットへのアクセスの半分が動画コンテンツに利用されているという話もあります。

なぜ人は動画コンテンツを見るのか?それは単純に動画の方が情報取得手段として楽だからです。得られる情報量もテキストベースのものとは比べ物になりません。

なんと、1分間の動画が伝える情報量は180万語、3,600のWebページ分に匹敵するそうです。これ、利用しない選択肢が無いですよね。

オンラインでのセミナーなども徐々に拡大してきています。元々は怪しい商材を売るためのものというイメージがあるかもしれませんが、手法としてはとても有効だと思っています。

場所の制約を受けない、時間の制約を受けない、参加のハードルが下がる。良いことづくしです。

セミナー会場に囲い込んで買わせる雰囲気を出すことを目的にしている人には向かないかもしれません。でも、良いコンテンツをたくさんの人に届ける、自分自身への評価が高まり、結果として仕事に繋がる。そんなマーケティングプロセスを作っていきたい人にはとても良い手法だと思います。

 

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

中小企業が取るべきマーケティング施策

マーケティング施策を次から次に求めるのは愚かです。「やれることは他にないか?」と次々に手を広げたがる企業がいますが、今やっていることが十分にできていない中で、他の…

EC事業社の悩みの種

メーカーで通販事業をやっている企業の悩みの種は「転売ヤー」です。転売ヤーとは転売をする業者のことです。単品リピート型の商品の場合、想定されるLTVを見越して初回の…

支援企業が使える提案の通し方

大分県がやってくれました。30代40代の方は見覚えのある方も多いタイトルだと思いますが、「かまいたちの夜」というゲームをパロったPRキャンペーンです。…

市場にいる人たちの市場の見方

「フォールス・コンセンサス効果」というものがあります。他人の価値観は自分と同じようなものだと思い込みやすい、というものです。シカゴ大学 ジョー…

テマヒマメールのネタ探し法

世界中で利用されているメールマーケティングツール「BenchmarkEmail」さんから取材を受けました。ほぼ毎朝メールを送り続けていることと、開封率も高い水…

成功に必要な2つの努力

”王貞治さんの名言があります。━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━努力は必ず報われる。もし報われない努力が…