損して得を得るApple

AppleがiPhoneを決済端末に使えるサービスを日本で開始しました!

キャッシュレス対応のお店はどんどん増えてきました。

僕は現金使いたくない派なので、ありがたい限りです。

いろんな決済サービスがあり、それに合わせたいろんな決済端末があります。

基本は決済サービスが提供している決済端末を導入するのですが、今回iPhoneを決済端末に使えることで、決済端末の購入が要らなくなります。

何が良いかというと、気軽にレジを持ち歩けるというところです。

例えば、イベントで物を売るときにiPhoneがあればキャッシュレス決済に対応できます。

道端で絵を売っている人もキャッシュレス決済を使えます。

これまでもクレカを読み取るようなツールはありましたが、今後はiPhoneだけで完結することでより使いやすくなります。

アップルはこの決済端末の使用に対してお金を取りません。

サービスでお金を稼ぐのではなく、端末を買ってもらう本業で稼ぐ仕組みになっています。

既に海外では決済端末として使用できたのですが、今回日本でのサービスが開始しました。

Appleとしては日本でのiPhoneの販売を増やしたい意向があるのだと思います。

円安もあり、毎年買い換える人も減っている中で、iPhoneを買う理由を増やして、必要を生み出そうとしています。

決済端末を販売する企業がある中で、それを無償で提供できるのはAppleだからこそできる付加価値の付け方だと言えます。

ちょうど今度の東京ゲームショウで当社のゲーミングサプリメント「ガチサプ」を販売したいと思っていたので、iPhoneを決済端末に使ってみたいと思います!

ナイスタイミングです(嬉)

ーマーケティングは一日にして成らずー
良かったら気軽にシェアお願いします↓

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気の記事

  1. 1

    マーケティングで使う「導線」

  2. 2

    返報性の原理が効力を失う時…

  3. 3

    記事LPを活用すべき理由

  4. 4

    広告業界の不健全な構造

  5. 5

    ナンパ師に見るセールスとマーケティングの違い

カテゴリー

関連記事