マーケティングの間違い…

「マーケティング」という言葉は「おはよう」くらい頻繁に交わされています。

ですが、その意味を理解して使われていることはあまり多くありません。

マーケティングを仕事にしている人でさえ、マーケティングをリサーチすることやプロモーションすることの文脈で使っていることがほとんどです。

そのため、マーケティングに取り組もうとした企業が間違ったマーケティングに取り組んでしまっています。

では、マーケティングとはなんなのか?

それは「売れる仕組みづくり」です。

①誰かの課題を解決する商品を作る

②その商品に対する必要性を作る

③購入しやすい導線を作る

この3つで売れる仕組みは作れます。

見込み客が自動的に顧客になる流れがあれば、セールスはなくなります。

これがマーケティングの目指すところになります。

まず、この3つを作るところから始めてください。

すでに何かを売っているなら、今やっていることの不足を見つけてください。

・誰のどんな課題を解決しようとしているのか?
・その課題を解決するための唯一の価値があるのか?
・必要を作るためのコミュニケーションがあるのか?
・見込み客が知り、気になり、納得して、今買おうと思い、すぐに買える導線があるのか?

これらを見直すことで今のマーケティングの穴を見つけることができます。
是非時間をとって見直してみてください。

売れていない理由が必ず見つかります。

ーマーケティングは一日にして成らずー

良かったら気軽にシェアお願いします↓

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気の記事

  1. 1

    社内で提案を通す方法

  2. 2

    都知事選2020で見た広告術

  3. 3

    コラム マーケティングに差別化はいらない?!

  4. 4

    顧客の満足度を高める方法

  5. 5

    高いから売れないのではない

カテゴリー

関連記事