売れない商品を売れる商品に変えた1つのアイデア

世の中には売れない商品がたくさんあります。

理由はいろいろありますが、贅沢なこの国では「形が綺麗ではないから」という理由で売れない商品として扱われているものがあります。

かわいい。目をつけたことで、価値がないと思われているものに価値を与えることになりました。

おまんじゅうの価値は美味しさです。本来、割れていようがいまいがその価値は変わりません。

でも、消費者から”割れる=通常ではない=欠陥がある”という捉え方をされてしまうため、売れるはずの商品が売れない商品になってしまっています。

価値に変わりはないのに。

規格外の野菜などもそうですよね。食物として安全で、おいしければ形は関係ないはずです。

流通のさせやすさ陳列のしやすさなどの理由もありますが、消費者としては”形が悪い=通常ではない=欠陥がある”という見方をしてしまっているところがあります。

生産された規格外の野菜は加工品にされたりしてますが、4割は廃棄されているという話もあります。

最近は規格外の野菜を割安で変えるサービスなども登場してきていますが、本来の価値を考えれば変な感じですよね。

今回ご紹介したおまんじゅうは、「目をつける」というアイデアで「見た目がかわいい」という価値を生み出しました。

「かわいいものが好き」という価値観を持った人にとって価値のある商品になったことで、廃棄商品を完売商品に変えることができたとても良いマーケティングの事例です。

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気の記事

  1. 1

    社内で提案を通す方法

  2. 2

    都知事選2020で見た広告術

  3. 3

    コラム マーケティングに差別化はいらない?!

  4. 4

    顧客の満足度を高める方法

  5. 5

    高いから売れないのではない

カテゴリー

関連記事