イケてるマーケティングコンセプト

  1. 事例

今の時代にあってるなと感じさせられる商品があります。

「Liquid Death」(リキッド・デス)です。

新登場のエナジードリンクかな?と思いきや、なんと体にやさしいただのお水です。「死の水」というネーミングにそそられますよね。実態とのギャップに僕のマーケティングアンテナがびんびん反応してしまいますw

死の水のイケてるコンセプト

クラブなどでもアルコールを飲まない人が増えています。レッドブルを飲んだり、ミネラルウォーターを飲んだりしている若者も多いです。お酒もエナジードリンクも飲みたくない、でもお水を飲んでいるとダサく見えてしまうから嫌だ、という課題が存在します。

そして、よりコンセプトを尖らせるためにパンクやメタルやロックのファンをターゲットにしている点も秀逸だなと思います。パンクやメタルやロックが好きな人って、体に悪そうなことしてそうじゃないですか。タバコ、酒、ドラッグ上等なイメージ。そういう風貌な人がペットボトルで爽やかなパッケージの水を飲んでいたら、イメージが作れないですよねw

でも、この「Liquid Death」(リキッド・デス)なら、デザインもメタル好きが好む感じなので、LIVEやフェスなどで飲んでいても格好が決まります。彼らが飲むことでより商品が際立つので、飲んでいる人が周りに与えるインパクトもかなりあります。

もう一つのコンセプトがエコだというところです。自分たちの住む世界を破壊したいと思っている人はいません。特にエコに配慮したいと感じている人が増えている中、ペットボトルは再利用されないという問題に対して警鐘を鳴らすことで、この商品を買う理由を作り出しています。

エコで健康的で、自分たちの個性を際立たせてくれるアイテムとなれば、ターゲットに対して刺さらないわけはないですよね。

これからの時代の商品

コンセプトが独特なので、人に見せたくなるし、これを飲んでいる自分を表現したいと感じると思います。その時、SNSでインパクトある見た目の人と缶が写った写真がどんどんとシェアされていくことも容易に想像できます。

ここまでターゲットがイケてて、かつ商品コンセプトがイケているのは、創業者自身が元々パンクとメタルのバンドで活動していたという背景があるからなんだろうなと感じます。

ここからの時代は、生活者が求めているものに振り回されるのではなく、当事者として自分が必要だと感じられる商品を、市場に対してぶち込んでいくやり方が大事だと思っています。

SNSという武器を持った顧客を巻き込み、うねりを作っていけるかどうかが鍵になります。

参考 https://liquiddeath.com/

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

コロナピンチをチャンスに変えた商品

名古屋のバスツアーを企画する旅行会社が車庫を見学するツアーを考えて話題になっています。観光業は大きな打撃を受けている業界です。同社も新型コロナの影響でバスツアーに…

Instagramアカウントを運用して1ヶ月

先月からInstagramアカウントを開設して運用実験しています。マーケティングの知識を共有するメディアアカウントで、ちょっとテマヒマかけて取り組んでいます。…

マーケターが持つべき問い

JR東日本アプリがリニューアルで使いやすくなったみたいです。これまでは多機能すぎて使い勝手が悪くなっていたところを、ターゲットを明確に…

買わない人を顧客にする方法

1つの言葉だけで顧客を増やすきっかけを作った事例です。冷凍餃子でお世話になっている味の素さんが素敵な投稿をしていました。「手抜き」という言葉には後…

0円タクシー

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38564520V01C18A2000000/?fbclid=IwAR1…