人が反応したくなるコンテンツ

  1. コラム

15日でテマヒマは6周年を迎えました。

ほぼ毎年、違う方向へ舵きりしながら前に進んできましたが、ぼちぼち方向が定まってきた感じはあります。

ちょうどオフィスへ行く用事があったので、渋谷のパワースポット「金王八幡宮」へ初詣に行ってきました。

お参りをして、お札を買い替え他のですが、PayPay払いでも受け付けてるのに驚きました。

神社もキャッシュレスの時代に、未だに現金払いしか対応してない飲食店は何なんでしょうね。

ご利益なさそうなので、お札は現金で支払いましたけど(笑)

2つの投稿からわかったSNSで反応されるコンテンツのポイント

テマヒマの周年記念について、2つの投稿をFacebookでしました。

1つは、神社の写真とともにテマヒマが7年目に突入することと意気込みを。

もう1つは、奥様がお祝いで用意してくれたケーキと共にテマヒマの設立記念をお祝いしてもらったことを。

Facebookのお友達の大半は、仕事関係で知り合った人です。

1つ目の投稿にいいね!してくれたお友達は65人でした(1月18日現在)

2つ目の投稿にいいね!してくれたお友達は147人で、コメントが26件でした(同上)

この2つの投稿への反応の違いによってわかったことがあります。

  • 夕方よりも夜の方が反応が良い
  • 神社よりもケーキのアイキャッチ力が高い
  • 自分のメッセージよりも、何か自分に起きた出来事の方に関心を寄せてもらえる

改めて見ると当たり前だなと思うことですよね。自分自身の使い方を振り返っても、その通りですし。

でもいざ、何か活用の意図を持ってやるとなるとそのことを忘れがちです。

自分の主張、自分のビジネスの状況、自分が欲している情報の募集、こういった投稿をよく見かけますよね。

その人のファンならこれでいいと思います。それを聞きたくてフォローしてるわけですから。

でも、そうではなく関係を作りたい、強くしたいと感じている段階であれば、見る人が反応したくなるコンテンツを発信する必要があります。

完全ビジネス目的なら、ビジネスに役立てる内容中心の投稿になりますし、フォロワーもその情報に興味を持った人たちだけになります。

人間関係作り目的なら、ビジネスの話だけではなく個人の生活や人となりがわかるような投稿が必要になります。

 

今回の2つの記念投稿から得られた反応したくなる投稿のポイントとしては、

・夜に投稿する(みんなが何気にSNSを見てる時間帯)

・みんなが好きな被写体を使う(神社よりも美味しいケーキの方が根源的な欲求に触れられる)

・主張ではなく、出来事をシェアする(嬉しい、悲しいなど感情に触れた内容が良い)

SNSで反応をもっともらいたい!と感じている方は、活用の目的に合わせてご自身の投稿を見直してみてください。

p.s.

まぁ、そんなこといちいち考えてSNS使ってられないよね、ということも思ってはいます(笑)

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

コンテンツを作る秘訣

コンテンツを作る秘訣は、コンテンツを出すことを決めることです。僕は毎朝、ネタを考え、テマヒマメール読者の方に届けるための記事を書いています。「毎朝送る」と…

デザインの力を発揮した事例

デザインとはある解決策を見た目の様子を変えることで解決する手段です。見た目の部分に注目されがちですが、課題に対する解決策の設計部分がより重要な役割だと言えます。…

市場にいる人たちの市場の見方

「フォールス・コンセンサス効果」というものがあります。他人の価値観は自分と同じようなものだと思い込みやすい、というものです。シカゴ大学 ジョー…

リアル10代インスタ事情

メルカリ社×テテマーチ社のセミナーに参加してきました。テテマーチさんはインスタグラムを活用したプロモーション支援やインスタに関するメディアを運営している企業で…

マーケターの活動時間を3倍にする方法

マーケターは無駄な時間を過ごしすぎている。商品をどう売るか?顧客との関係づくりをどう進めるか?コスパの良い集客方法は無いか?などと、常に頭の中は大忙しだと思います…