デザインの意味

  1. コラム

熊本地域医療センター(熊本市中央区)で、看護師の日勤と夜勤を制服で色分けして、残業時間の削減につなげる取り組みが効果を上げているようです。
一目で勤務時間帯が分かるため、同僚間の指示を効率化する狙い。働き方改革が難しい医療現場の先進事例として、注目を集めています。

デザインとは

これはまさにデザインの力です。色を分けることで客観的にその人がその時間働く人ではないことが客観的にわかります。そうすることで、周りからの退勤を促せます。自分から切り上げ辛い状況もあります。特に医療の現場などは、人手で成り立っているのでその時その時で駆り出されます。

その時に、勤務時間中の人とそうでない人をひと目で見分けることができたら、勤務時間中の人に依頼ができます。「手を貸して!」と言われて「いえ、もう勤務時間過ぎてますので。。」とは言いづらい環境だと思います。

デザインとは問題解決のための「設計」であると考えています。

一般的には見た目を作ることと認識されがちです。僕自身も制作をする時に使いやすいので、見た目を表現する言葉として「デザイン」という言葉を使いがちです。

でもそれは「デザイン」を表現する方法を表しているにすぎません。どういう表現によって、問題を解決するのか?そこがデザインの重要な役割です。

熊本地域医療センターの例は、まさに色を分けるという表現を用いることで、お互いの状況を理解し合える状況を作り出しています。その結果、残業を減らすという問題解決を導けています。これこそが「デザイン」と言えるわかりやすい事例です。

参考:https://this.kiji.is/588188591174222945

マーケティング道場ONLINE

詳しく見る
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

価値と対価の不釣り合い

久しぶりにヤレヤレな状況に出くわしました。支援先と制作会社とのmtgに同席しました。ランディングページの制作を依頼していて、制作会社さんの出し…

成長曲線を作るための要素

先日、知人から紹介を受けてTableauの1dayトレーニングに行ってきました。TableauはBIツールで、データの統合やビジュアル化を手助けしてくれます。…

日光江戸村のマーケティング

祝日を利用して家族旅行に行ってきました。下の子ができる前なのでたぶん3年ぶりくらいですかね。日光東照宮は一度拝んでおきたいと思っていたので、日光・鬼怒川エリアへ。…

広告費をかけたくない企業が支払う代償

広告費をかけたくないクライアントの相談を受けました。ビジネスは投資回収です。手元資金を投じて、それ以上の利益を手に入れる。そして、それを原資にまた投じて、より大き…