目標達成の技術

  1. コラム

チャンネル登録者100人達成しました!

新しい試みでYoutuberになろうと決めて、6/12から毎日撮影・編集・投稿を続けて88日めでやっと100人です。たかが100人されど100人。0が100になったことは大きな成果です。880日やれば1000人行くんだろうなという指標が作れたので、引き続き頑張って行けそうです。2022年中には目標のチャンネル登録者数1000人達成です。

目標を達成できない人の特徴

ノウハウや経験がないという現時点の自分を理由にすると目標は達成できません。目標は今の自分が達成できていないことだからです。

「今日は歯磨きをするぞ!」と意気込んでいる大人はいないですよね。

なのに、何か目標を立てて達成しようとする時、今の自分でなんとかしようとしがちです。でもそれではうまくいきません。

なぜなら、できないことをやるから今手に入れられていない物を手に入れられるからです。

でも、できないことをやるためには痛みが伴います。何をすればいいかわかっていても、それができない時はめちゃめちゃ辛いです。

目標達成をしようとする時にまず直面する壁が「うまくできない」です。物事のやり始めはこの状態が続きます。そこで大概の人は諦めます。

「自分には向いていないのかな」「もっと良い方法があるんじゃないか」「今はこっちが大切だ」と理由をつけて。

3日坊主はまさにこれです。やっていないことをやるのはとても厳しいことです。それに打ち勝った人だけが目標達成に近づけます。

目標を達成できる人の特徴

新しい知識を入れ、実行をし、スキルを身につけて、より多くの成果を出せるようになった時に目標が達成されます。

結果を出せる人は結果が出るまでやる人です。できない状況で諦めることなく、達成するまでやるから達成できています。

僕もずっと続かないタイプの人間でした。常に「継続は力なり」をテーマにしていました。これは継続できていないからテーマとして置いていたものです。

でも、毎朝ブログを書くようになってから、小さな積み重ねの力を体感できるようになってから、継続のコツを手に入れることができました。今では記事を書くことが人生で一番長く続けられていることになっています。

その目標達成のコツを利用して、今回もYoutubeチャンネル登録者数1000人を達成しようとしています。

目標達成するためのコツ

継続するためにはコツがあります。それは、毎日やることです。少しでも、下手でもいいので、とにかくやることを目的にして実行し続けることです。

最初の1,2週間は気合いと根性が必要ですが、そのあとは「この流れを止めたくない」という意思が働いてきます。そのゾーンに入れれば、継続しないことのデメリットを感じるようになるので、続けることが「やらないといけないこと」から「やりたいこと」へと変わっていきます。

感覚的に30日を超えるとそういうゾーンに突入します。2ヶ月を過ぎれば生活の一部になって来るので、余裕も出て意思の力をそこまで借りずに取り組めるようになります。

p.s.

マーケティングで成果を出すのも同じです。知識を入れただけでは成果には繋がりません。それを実践してスキル化しなければ、ただ知っていることが増えるだけです。なので、マーケティング道場ではアウトプットすることを重要視しています。基礎的なノウハウは十分に提供し、得た知識を元に実践することでスキル化していくので、成果を出せるようになります。

実践あるのみ。今日もやりましょうか!

 

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

ビジネスで成果を出すための原理原則

役割によって求められる成果は異なりますが、どんな役割でも成果が出せるようになるために必要なものは同じです。それは、知識とスキルです。成果はスキルによって生…

マーケターは料理人

マーケティングアジェンダ(マーケティングに携わる人達のサミット)の楽屋話が記事化されていました。大企業でマーケティングに携わってきている方たちがディスカッショ…

食パン専門店は完成されたビジネスモデル

手土産で食パンをもらいました。銀座の名店と呼ばれている「セントル・ザ・ベーカリー」のものでした。しっとりとして肉厚な食感とほんのり甘みのある味にはまってしまいました。昨日…

商売の真髄をとり天屋に見た

支援先の商売を考える時に、飲食店のサービスを参考にするようにしています。特にWEBで展開している事業では顧客への対応が雑になる傾向があるので、リアルでの対応をWEB上…

家庭と組織の共通点

平岡家は共働きです。家庭の揉め事といえば、家事の分担です。奥様が休日の日以外は、掃除・洗濯・ゴミ出しを僕の役目としてやるようにしています。その他全般を奥様にやってもら…

マーケターも陥る医者の不養生の罠

「医者の不養生」という言葉があります。口では立派なことを説いているが、実行が伴わないことのたとえです。SEO対策を支援する会社が、自社のサイトをSEO対策…