アイデア商品の作り方とは?

先日、洗濯をしていて思いついたことがあります。

乾燥機を使うとフィルターにホコリが溜まるので、毎回ホコリの塊を取ってから、洗濯機をスタートさせます。

ふと、「このホコリを売れないかな?」と思い、ホコリの塊の使い道を考えました。

普通に考えればゴミです。

どんな機能があるのかなと考えたところ、燃えやすいということに気づきました。

燃えやすい物質を欲しがっている人はいるかな?と考えたところ、火を起こしたい人が思い浮かびました。

ワンタッチで火が起こせる便利な世の中で、わざわざ火を起こしたい人って誰だろう?と考えたところ、キャンプやバーベキューなど自然を楽しむ人たちが思い浮かびました。

実際に繊維を燃やすことの有害性などは考慮してません。

奥様にメルカリでホコリの塊を売ってはどうか?と提案したところ、拒否られ断念。

このように、一見価値のないものも、その機能によってどんなベネフィットがあるか?を考えることで、誰かにとって価値のある商品にすることができます。

ベネフィット=プラスの結果

アイデア商品を作りたいなら、価値がないと思っているものやことに、価値を感じてくれる人を探してみてください。

p.s.
今治タオルの埃が着火剤として販売されていました。
自分の考えることは誰かがすでに考えていることですね。すぐやるのが成功の秘訣!

ーマーケティングは一日にして成らずー
良かったらいいね!リポスト&保存お願いします↓

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気の記事

  1. 1

    AIDMAとは?|顧客が買うまでの行動の流れを知ることから始まる

  2. 2

    顧客がリピートしない理由

  3. 3

    マーケティングで使う「導線」

  4. 4

    ディスプレイ広告運用で初心者の壁を超える方法

  5. 5

    目を引く広告クリエイティブ集:自衛官募集ポスター

カテゴリー

関連記事