コロナ不況下でのマーケターの報酬アップ法

  1. コラム

コロナ感染者がまた増加傾向にあります。東京でも過去最高の増え方をしています。

リストラが進み、給料は下がり、代替可能な人材から職を失っていくことになります。

飲食業やイベント業や観光業などは大打撃を受けていますが、その他の業態においても働く時間を少なくすることで、収入が減っている人たちがたくさんいます。

不況になれば商品が売れなくなります。

なので、多くの企業が平時よりもより商品を売りたいと望んでいます。

その悩みを解消できるのが僕たちマーケターです。

売れる仕組みを考え、実践して作り上げ、売上と収益を上げることができるのがマーケティングです。

生活者の行動が変わり、財布の紐が硬く縛られた状況下では、かなりのハードモードではありますが、その状況下において実績を出せれば、マーケターとしてのレベルも上がり、世の中からも求められる人材になれます。

マーケターが報酬を上げる方法

企業で働くマーケターにおいては、個社事の給与テーブルがあるので、その社内において報酬を上げることは難しいです。

なぜなら企業内の報酬は企業全体の利益や従業員の役割に影響を受けるからです。

なので、今の会社で飛躍的な報酬アップを望むのは諦めてください。

では、どうすれば良いのか?2つの方法があります。

1.転職する

企業勤めをしたい人の場合は、別の会社で働くことで、報酬をアップさせることができます。

別の会社には別の給与テーブルがあります。たくさん利益を出せている企業なら人件費にかけられる費用も多くなります。

また、常にリソースが不足している急成長中の企業などもおすすめです。

急成長中の企業にはお金が集まります。調達した資金の行き先が優秀な人材を採用することに充てられるからです。

2.副業する

今の会社や商品に愛着がある、今のメンバーと仕事をしていたいと思っている人は、今の会社に勤めながら別の仕事で報酬を手に入れるのがおすすめです。

携わっている仕事で得た知識やスキルを生かして、他の企業のマーケティングの支援をすれば、全体的な収入をアップさせられます。

今後、副業を禁止する企業はどんどん少なくなっていきます。なぜならどこの企業も今の給与水準を維持できなくなるからです。

大事な人材を手放したくはないけど、給料を多く支払うこともできない状況になります。

その時、社員に別の収入源を作ってもらうことで個人の生活は保たれ、雇用を維持していくことができます。社員の副業を積極的にサポートする企業も増えていくのではないかと思います。

では、どうやって仕事を見つければいいのか?と思いますよね。

マーケターの仕事の見つけ方

方法としては、

  • SNSで情報発信&営業活動をする
  • 業務委託紹介サービスを利用する
  • スポットコンサル的なサービスを利用する

などがあります。

ポイントは、実行実務を請け負わないようにするということです。実行実務を請け負うとかなりの時間を必要とするので、メインの仕事がある人にとってはかなりの負担になるからです。

SNSで情報発信&営業活動をする

多くのマーケターが取り組んだり取り組もうとしているのが、「SNSで情報発信&営業活動をする」です。

Twitterとかではよく見かけますよね。業界内での「詳しい人」のポジションを確立することで、注目を集めて相談を受ける方法です。

でも、出せる情報が限られる人も多いと思うので、難易度としては高めです。企業によっては、公での発言を制限されている人もいると思いますし。悪目立ちしてしまって、本業への支障をきたす可能性もあります。

ただ、SNS上で認知されて、自分が手助けできそうな人に対してDMを送り、仕事につなげる方法は今後主流になるとも思うので、副業を足掛かりに独立したいと考えている人は、是非チャレンジしてみていただければと思います。

業務委託紹介サービスを利用する

メインの仕事の業務日数が減らされて、まとまった時間ができてしまっている人などは活用できる方法です。週の稼働日数を決めて業務に当たるので、空いている時間を調整して取り組めます。

月額固定の報酬になるので収入をグンっと上げることができますし、複数月契約になるので収入が安定します。

スキルに応じた業務を紹介してもらえるので、仕事としても取り組みやすいものを選ぶことができます。

最近は仲介業者が増えているので、いくつか登録してどんな案件があるのかを探してみるところがスタートです。

仲介業者によって得意とする案件などが違うようなので、自身の得意分野の案件が多くあるかを聞くと良いと思います。

スポットコンサル的なサービスを利用する

SNSで情報発信したり、自分で仕事を取りに行ったりするのはちょっと厳しい、まとまった時間も取れないという方におすすめなのが、時間を切り売りするサービスを活用する方法です。

どちらかと言うと個人間のスキルマッチングサービスなので、報酬単価としては高くならないですが、隙間時間を活用して数をこなせば、それなりの収入を作ることも可能です。

専門的な知識を元にアドバイスできるとしたら、時間単価5,000円とか10,000円とかでも相談したい人はいるので、人によっては高収入を得ることもできます。

SNSに比べてクローズドな印象もあるので、多少具体的な知識やスキルについて紹介していても、周りにバレづらいというメリットもあります。

コソっと副業したい方向きのやり方です。

マーケターの報酬アップ法のまとめ

マーケティングが必要だと感じている企業はたくさんいます。でも、マーケティングが何をすることなのか、誰に頼めばいいのかがわかっている企業は少ないです。

個人に対してポジティブな印象を持っていない企業も少なくなっていきます。特別な知識とスキルを持っていれば、個人でもなんでもいいから助けてほしいと考える企業は、今後もっと増えていくと思っています。

その時に生きてくるのが実績です。もちろん今働いている企業の中での実績は活用できますが、それ以外の企業での実績があればより魅力的なマーケターとして見てもらえます。

実績は動いた数だけ増やせます。今回、ハードなものからソフトなものまでマーケターの報酬をアップさせる方法をご紹介しました。

やれるところからで構わないので、是非これから突入する大不況時代を乗り越えるための道を作っていってください。

僕自身は今回ご紹介した方法で仕事を集めてはいませんが、何をしていけば良いのかについては理解しています。

本気でマーケターとしての報酬アップに取り組みたい方はご相談ください。

 

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

商品ではない、結果を売れ

広告の役割は、商品を売ることです。昨日見つけたこの広告はそのゴールを描けている良い例です。ポイントはベネフィット(商品によって得られる結果)が…

ロイヤルカスタマーの力

顧客は企業のちょっとした不手際にネガティブな反応を示します。ですが、ロイヤルティの高い顧客はネガティブな反応を示すものの、なんとかしようと協力し顧客でい続けること…

鬼十則

今の広告業界の形を作った広告の鬼をご存知ですか?昨日、電通マンの「鬼」気くばりの話題を取り上げました。「鬼」というか装飾が用いられているのは有…

うまくいってない時にやること

先週から前歯に謎の激痛と顔の右側に痛みがありました。痛み止めも効かないくらいの痛みで、明らかに異常事態です。歯は定期的に検診も受けており、ちょうど今月もチェックし…

マーケティングとは道である

6月から始めたYoutube動画投稿100本ノックですが、最後の動画を先ほど撮り終えました。前編後編で分けたものもあったので、昨日までで計118本の動画を毎日欠か…