私たちがマーケティングで実現すること

  1. コラム

商品を買ってほしいなら、やるべきことは1つです。

それは見込み客に、その商品が必要だと感じてもらうことです。

その商品があれば、自分の悩みは解消される。

その商品が無ければ、自分の苦痛は続いてしまう。

そう思った時、見込み客は何がなんでもその商品を手に入れたいと感じてくれます。

購入の条件=必要>負担

もちろん商品を手に入れるための費用や労力や不安などと、得られるものを天秤にかけて買うか買わないかを決めます。

でも、その商品が必要だと感じていればいるほど、その商品を手に入れるためにかかる負担が大きくても買ってくれます。

なので私たちは、見込み客の「必要」を作っていると言えます。

見込み客の課題を理解し、ベストな解決法が自分たちの商品だと納得してもらい、解決のための価値を提供する。

やることはこれだけです。

集客したい企業に必要なもの

これを実現するために、リサーチをしたり、プロセスを設計したり、広告をしたり、クリエイティブを作ったり、コンテンツを作ったり、webサイトやランディングページを作ったり、メディアで情報発信したりというマーケティング施策に取り組みます。

施策が何のために行われているのかを理解した上で施策を実行しないと、その施策は本来の力を発揮できません。ただやっているだけでは期待する結果は得られないからです。

既に正しいことに取り組んでいる企業がほとんどです。でも、うまくいっていないと感じている企業は多いです。

これは、今取り組んでいる施策をうまくやれていないことが原因です。

なので、多くの企業に必要なのは、顧客を集めるための新たな武器ではなく、今持っている武器の正しい使い方です。

切れ味のいい刀を求めて次から次に試し続けるのではなく、普通の刀で切れ味をよくするためのサポートが必要です。

正しいリサーチの仕方、正しいターゲットの設定の仕方、正しい目標の立て方、正しい導線の作り方、正しい広告の選び方、正しいクリエイティブの使い方、正しいコンテンツの作り方、正しいテストのやり方、正しい評価の仕方など、マーケティング施策の正しいやり方を知ることで、今よりもより集客できるようになります。

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

インフルエンサーの価値

息子(3才)は動画好きです。毎晩ご飯の後、お風呂に入るまでは動画タイムです。お気に入りは「レオンチャンネル」というおもちゃの紹介動画です。仮面…

経営者が人前で話をするということ

最もやってはいけないことは「人の時間を奪うこと」です。頭では理解できるものの、ビジネスシーンにおいてはよく時間泥棒を見かけます。昨日まで開催さ…

ぼったくられ企業

久しぶりに腹の立つ出来事に遭遇しました。とあるクリニックのプロモーションを担当している知人から「急ぎで相談毎がある」と一昨日夜中にメッセージが…

僕が動かされた行動心理

先日、Facebookのお友達がこんな投稿をしていました。コンテンツメイカー平岡としては、リアクションせずにはいられない内容だったので、毎日コンテンツ作り…

広告は何のためにやるのか?

スモールビジネスでなければ、たいがいの企業が広告をしていると思います。なぜ広告するのかというと、顧客を増やしたいからです。集客を目的にしているのに、なかなか集客に…