今やるべき広告とは?

いろんな広告をやっていると思いますが、今1番やるべき広告が何かをご存知ですか?
それは「動画広告」です。
動画広告を出せるのは、YoutubeやTikTokなどの動画配信プラットフォーム、Facebbookやinstagramなどの動画コンテンツ投稿可能なSNSの他、一部のアドネットワークなどでも動画フォーマットを活用できます
なぜ動画広告が有効かと言うと、人の注目を集めやすいからです。
情報伝達能力を表す例えとして、画像は文字の7倍、動画は文字の5000倍情報を伝えられるといわれています。
ある研究では、1分間の動画から伝わる情報量は、文字に換算すると180万語になるとの結果も出ています。
あと、テキスト情報は読み手の読解力に依存します。
つまり、伝わる情報量が圧倒的に動画優位なのです。
また、生活者の可処分時間が多いことも理由として挙げられます。
過去、新聞→ラジオ→テレビとメディアの覇権が移ってきたのと同じで、情報の伝達方法はテキストから始まり映像へと帰着します。
これはより伝わりやすい情報伝達フォーマットだからです。
オンラインも同じ流れを辿っています。
SNSも動画投稿が当たり前になり、生活者は動画コンテンツを消費することに慣れてきています。
なので、動画で広告をすることで、注意を引きやすくなります。
今では、記事を読むよりも動画を見る時間が増えた人は多いはずです。
動画視聴は、生活者の可処分時間の多くを占めるようになっています。
でも、そこまで多くの企業が動画広告を活用できていません。
webが活用され始めた時、webを活用しない企業は多かったです。
スマホファーストと言われ出した時も、スマホ対応を進める企業は少なかったです。
それと同じで、多くの企業が生活者の実態に沿ったコミュニケーションを行えていません。
ですが、いち早く対応した企業ほど、その恩恵を得られています。
動画広告は、まさにその状況にあります。
記事広告を活用する企業は増えましたが、数年前に記事広告でバンバン集客していた企業は、今では動画広告に注力をしています。
生活者が動画を見なくなる心配は、今のところはありません。
テレビが動画プラットフォームに変化してきたように、それと同じくらいのテクノロジーの変化があるまでは、web動画を見るという生活者の行動パターンは変わりません。
もちろん単純な静止画の広告を出すよりは、やることが増えて難易度も高くなりますが、早く始めて早く知見を貯めることが、この先3年の競合との差を作るのは間違いありません。
いつやるか?
今でしょっ!

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気の記事

  1. 1

    顧客の心を掴むちょっとしたアイデア

  2. 2

    忘れてはいけない広告の役割

  3. 3

    D2Cとは?年商10億円を超えるための3つの戦略

  4. 4

    広告無視フィルターの突破法

  5. 5

    売れない商品を売れる商品に変えた1つのアイデア

カテゴリー

関連記事