集客拡大のための動画広告とは

  1. プロモーション

動画広告を活用してますか?

動画広告には大きく2つのタイプがあります。

1つはディスプレイ広告(バナー広告)を配信できる枠に配信するディスプレイ動画形式。webサイトに設置されている広告枠で流れたり、SNSなどのタイムラインに流れてきたりするやつです。広告クリエイティブとして静止画を使うのではなく、動画を使うパターンですね。

もう1つはYoutube広告などの動画プラットフォーム内で、動画コンテンツと動画コンテンツの間に配信される動画広告です。

そして、私たちが活用していくべきはこの後者の動画広告です。

2つの動画広告の違い

前者は無音で短尺な動画になっている傾向があります。理由としては、webページやSNSを見ている人に対しての広告になるので、長時間の動画を見るという態度が起こりにくいからです。

周りに人がいる場所で見ていることも多いので、音が出ない設定にしている人がほとんどなので、音声を入れていても無駄になってしまいます。

そのため、アイキャッチを重視して、視覚的に表現が伝わるような作り方をする必要があります。説明が必要な場合は、テロップを入れるのが必須です。

後者は音も有り長尺でも効果的な動画広告です。なぜなら、Youtubeなどで動画を楽しんでいる人が見る広告だからです。

Youtubeを無音で見てる人ってあまりいませんよね。周りに人がいる環境でも、イヤホンを使って音と映像を楽しんでいる状態です。

なので、動画の効果を最大限発揮させられる広告だと言えます。BGM、ナレーション、映像など、本来動画が持っている人間の感覚に伝えるための要素をフル活用できるのが、Youtubeなどで使える動画広告です。

マーケティングで活用すべき動画広告

動画広告をやるならYoutubeなどでの動画広告です。そしてコンバージョンを獲るための動画広告です。

でも、まだまだ活用できている企業は少ないと感じます。動画広告をやっていてもTVCMのようなイメージ広告を流している企業が多く、コンバージョンを獲るための動画広告を制作している企業は僅かです。

簡単に動画編集ができるサービスもいろいろ増えていますが、あれで作れるのは前者のディスプレイ広告用の動画広告です。その機能が素材を元に動きを加えるという編集を自動でできたり、テロップ追加を簡単にできたりするものだからです。

動きを与えることで静止画の広告よりも反応はよくなりますが、その分配信コストは高くなりがちなので、広告への反応コストで考えればそこまで動画が優位ではありません。

Youtubeで使える動画広告は場合によってはCPCも通常の広告並で運用できたりします。一般的に動画を見てクリックする人は少ないのでCPCは高くなりがちだと言われてますが、クリエイティブの作り方次第でランディングページへの誘導、そこからのコンバージョンを狙えます。

コンバージョンが獲れる動画広告の作り方

今回、コンバージョンを獲るための動画広告を実際に制作して配信してみましたが、他の広告と大きく変わらない獲得パフォーマンスで運用できています。

ランディングページの要素を元に動画用スライドを作成して、ナレーションとテロップを入れたような内容なので、制作にかかった費用は自分の人件費を除けば、ナレーションを外注してかかった5千円だけですw

動画広告も作り方次第ではコスパよく制作できます。作り替えるのが大変なのでPDCAを回しづらいと思われがちですが、PDCAを回すのは開始5秒までのパートです。なぜなら、Youtube広告は開始5秒でスキップするかどうかを決められるからです。

開始5秒のパターンテストをするのは、ランディングページでファーストビューのパターンテストをするのと同じです。

より重要なパートだけをABテストすれば良いということです。

また、30秒以上の長尺にすることで30秒以内にスキップした人に広告費を支払わなくて良いので、長尺をおすすめしています。

長尺の動画広告なんて見る人がいるのか?と思うかもしれませんが、僕が作って運用しているのは3分の広告です。それでも、コンバージョンは出せています。

集客拡大したいなら動画広告に力を入れるべき

集客を拡大する時にやることは、より広いチャネルを持つことです。

静止画広告や記事広告に加えて動画広告も広げることで、新たな見込み客との接点を作ることができます。

既に接点を持てている見込み客に対しても、複数の接点を作ることで興味喚起を促せます。

まだ動画広告を活用できていないなら是非今すぐ始めてください。

動画を作るのは時間もお金もかかるしPDCAも回しづらいので二の足を踏みがちですが、今後より重要な初期接点になっていくのは明らかです。

生活者の可処分時間が、動画にどんどん吸い上げられていくからです。

他社が二の足を踏んでいる間に、PDCAを回して勝ちパターンを見つけられている企業が生き残っていくと思っています。

なので、コンバージョンを獲るための動画広告づくりに是非取り組んでいってください。

 

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

記事LPを活用すべき理由

webプロモーションの王道が変わったというお話をしました。今日はその理由についてお話します。記事LPというのは、見込み客の興味を引き、理解を促…

検索広告という発明

web広告最大の特徴は、顕在層に対して広告を出せることです。多くの広告が嫌われるのは、それがその人にとって不要な情報だからです。見たくもな…

攻めた広告

こんな広告がありました。サイバーエージェント名指しwFacebookで配信されていたギャラ飲みアプリの広告です。確かに…