デザインの力を発揮した事例

デザインとはある解決策を見た目の様子を変えることで解決する手段です。

見た目の部分に注目されがちですが、課題に対する解決策の設計部分がより重要な役割だと言えます。

時にデザインは、無関心層を検討層へと引き上げます。

これを見てください。

これ、炭なんです。何かの儀式の写真ではなく、ただのキャンプファイヤーですw

このキャンプファイヤーがしたいために、完全インドア派の僕がキャンプしたいと思い始めています。バーベキューでも使えますね。

炭と言えば、小分けにされた木片ですよね。これを見て炭だとわかる人は少ないと思います。

ただの木片から髑髏にしたことで、人の興味を引きつけ、無関心な人間に「自分もやりたい!欲しい!」という気持ちを作り出しています。

これがまさにデザインの力です。

炭の価格は大体同じです。でも髑髏型に加工することで、普通の炭よりも高くても買う人はいます。

もちろん加工分の原価は上がると思いますが、エンタメにお金を出す人は多いので、売れない商品ではないと思います。

だからと言って、大量に売れるものではないので、あくまでお楽しみアイテムの域を超えないと思いますが。

 

商品の見た目を変えるだけで、機能的特徴は同じでもより高く買ってもらえる商品にすることはできます。

今売っている商品をデザインの力でより注目を集める、魅力的な商品へと変えることができないか考えてみてください。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気の記事

  1. 1

    仏壇×推し活

  2. 2

    5日間で700万本!?

  3. 3

    マーケティングの4Cとは?|4Pとの違いとその活用法

  4. 4

    日光江戸村のマーケティング

  5. 5

    ゴールドラッシュで儲かるビジネスとは?

カテゴリー

関連記事