マーケティングで使う「導線」

  1. コラム

マーケティングの仕事をしていると「導線」という言葉をよく口にしていると思います。

「導線」は、見込み客を顧客化するための道筋のような意味で使われています。

人によっては「動線」と表現している方もいるかもしれません。ですが、マーケティングの文脈においては、「導線」の方がより適した表現になります。

なぜ「導線」の方が適した表現なのかについてお話します。

導線と動線の意味

「どうせん」という言葉には「導線」と「動線」の漢字があります。

導線は”電流を流す際の導体として使われる金属線”が本来の意味です。

動線は”人や物が移動する際に辿る軌跡や経路”という意味です。都市計画や建築などで使われることが多い用語です。

言葉の意味からすると、”人がとる購入という行動への経路”という意味では「動線」の方がマーケティングの文脈においても合っているように感じます。

本来的には動線の方が言葉の使い方としては正しいのだと思います。

マーケティングで導線を使う理由

でも、マーケティングは見込み客が顧客化されるまでのプロセスを構築することで、意識の変化と行動の変化を促す活動です。売り手の促しによって、買いたい!と感じてもらい、買える状況を作る活動です。

なので、見込み客を導くという意味が強いため、あえて「導線」の方を使うようにしています。導いた結果、人が動くので「動線」の方がやはり言葉の意味的にも正しいのですが、動いている相手を呼び込むのではなく、動きたくなるように仕向けるという意思をより込めた言葉にするためには、「導線」の方がより適切だと考えています。

意味が通じるならどっちでもいいやん、と感じる方もいるかもしれません。

でも、漢字が変わればそこに込められた意味が変わってきます。その言葉の使い手の意思を言葉に乗せることもできます。同じような意味の単語が複数ある時、なぜその言葉を選んだのかも相手と共有することで、よりコミュニケーションの濃度が高まります。

何気なく使っている言葉の意味を改めて調べてみると、意図していたニュアンスと違っていることもよくあります。

日本語は特にそうだと思いますが、同じ意味で使われている複数の言葉があります。全く同じ意味であれば1つで良いはずです。でも、複数の言葉が存在し続けているということは、使うシーンや心情によって使い方が変わるからです。

見込み客が言葉に対して認識している意味もまた違うものとなります。相手がその言葉にどんなイメージを持っているのか、どんな時に使っているのか、そもそもそういう言葉に耳馴染みがあるのかなどを考えて、届けているメッセージを見直してみると新しい発見があると思います。

 

マーケティング道場ONLINE

詳しく見る
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

広告は投資

「webの広告運用どうしたらいいの?」という質問をよくいただきます。そういう時は「事業ステージによります」と答えます。スタートアップ企業も…

PRという広告

PRというものが正しく扱われる世の中が待ち遠し良い、というお話。PRtableというベンチャー会社に最近参画した知人とご飯に行きました。場所は…

PRがまやかしになりがちな理由

テマヒマのオフィスは時に駆け込み寺のようになります。先週末はこの春から大手PR会社に就職した元インターン生(以下:元)が、近況報告も兼ねて遊び…

マーケティングの特効薬

病床から、週末からずっと体長が悪いです。小さな頭痛と、体中の痛み、熱っぽさ、胸苦しさ、身体の重さ。。昨日も重い体を引きずり1日活動して帰宅する…