集客したい企業がまずやること

  1. コラム

インスタグラムのマーケティング活用についての相談を受けました。

事前にアカウントを少し見てみると、住宅業界の企業様だったので施工事例を中心に投稿している状況でした。

写真の撮り方、テキストの入れ方、ハッシュタグの使い方などテコ入れする余地がある状態。

おそらくアクティブフォローとかもできていないのだと思います。

なので、提案としては投稿内容の見直しとアクティブフォローのサポートかなと思って、mtgに臨みました。

インスタグラム活用の前にやること

ビジネスモデルや集客の状況をヒアリングしたところ、web上に「売れる仕組み」がない状況だったので、インスタ活用の前にやることをアドバイスしました。

すると、「そんな提案を今までもらったことがなかった」と言って、とても興味を持っていただき、今後の集客支援についてお願いをされました。

住宅業界でインスタグラムを活かしたマーケティングに取り組むことは確かに重要です。

でも、見込み客が顧客になる導線を作っていなければ全て無駄になります。

ただフォロワーが増えただけ、ただ投稿にアクションしてもらえるようになるだけ、ではビジネスは成り立ちません。

 

顧客に商品を利用してもらうという目的を果たすために、全てのマーケティング施策が存在します。

まずは「売れる仕組み」を手に入れてからです。

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

食パン専門店は完成されたビジネスモデル

手土産で食パンをもらいました。銀座の名店と呼ばれている「セントル・ザ・ベーカリー」のものでした。しっとりとして肉厚な食感とほんのり甘みのある味にはまってしまいました。昨日…

「LINEは店員さん」という極意

朝の動画撮影&編集も完璧なルーチンにできてます。ルーチンを作るために「マーケティング道100の教え」というシリーズで、マーケティングについてマーケティング実践につ…

カップヌードル創業者と謎の肉

「世界」とは、何らかの社会と関連のある空間を意味する多義的な言葉です。意識する社会の広さによって、世界の広さが変わります。自分のコミュニティを意識した世界…

アンチとフォロワーの関係

アンチを恐れてはいけない。どんなに素晴らしい商品も、万人に受け入れられることはありません。なぜなら「人と同じは嫌だ」という価値観を持っている層が存在するか…