集客したい企業がまずやること

  1. コラム

インスタグラムのマーケティング活用についての相談を受けました。

事前にアカウントを少し見てみると、住宅業界の企業様だったので施工事例を中心に投稿している状況でした。

写真の撮り方、テキストの入れ方、ハッシュタグの使い方などテコ入れする余地がある状態。

おそらくアクティブフォローとかもできていないのだと思います。

なので、提案としては投稿内容の見直しとアクティブフォローのサポートかなと思って、mtgに臨みました。

インスタグラム活用の前にやること

ビジネスモデルや集客の状況をヒアリングしたところ、web上に「売れる仕組み」がない状況だったので、インスタ活用の前にやることをアドバイスしました。

すると、「そんな提案を今までもらったことがなかった」と言って、とても興味を持っていただき、今後の集客支援についてお願いをされました。

住宅業界でインスタグラムを活かしたマーケティングに取り組むことは確かに重要です。

でも、見込み客が顧客になる導線を作っていなければ全て無駄になります。

ただフォロワーが増えただけ、ただ投稿にアクションしてもらえるようになるだけ、ではビジネスは成り立ちません。

 

顧客に商品を利用してもらうという目的を果たすために、全てのマーケティング施策が存在します。

まずは「売れる仕組み」を手に入れてからです。

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

マーケターに向いてる人向いてない人

こんなツイートがありました。マーケターは、営業という売る仕事をしている人の方が向いているというつぶやきです。売るためのプロセスの起点になるのが広告なので、…

綿密な計画だけでは成功はできない

実行を伴わない計画は何の意味もありません。先週の月曜から水曜にかけて高熱で寝込んでいました。水曜からは激しい頭痛に見まわれ、最終的には大学病院で検査をする…

「LINEは店員さん」という極意

朝の動画撮影&編集も完璧なルーチンにできてます。ルーチンを作るために「マーケティング道100の教え」というシリーズで、マーケティングについてマーケティング実践につ…

眼科で自戒した全ての仕事に必要なこと

嫌な出来事がありました。コンタクトを買うためにアイシティへ行ったのですが、いつもお世話になっている店舗に併設されている眼科が閉院したということで、別の店舗を紹介さ…

マーケターの採用基準

マーケティングセンスが磨かれるのは接客の場、というお話。企業の管理業務を楽にするクラウドサービスをしている会社に務める知人がいます。彼と近況を…