付加価値とは

  1. コラム

娘が3歳になりました。息子と違ってかなりアクティブな子供です。なんでも自分でやりたがるし、一度機嫌を損ねると何を言ってもダメです。大声で泣きわめくし、典型的な子供という感じで手がつけられません。

そんな娘が最近ハマっているのがプリキュアです。プリキュアのアニメ自体は見てないのですが、Youtubeのおもちゃ紹介や子供のコスプレを見て好きになったようです。

アニメも見せてみるのですが、すぐにYoutubeにしろと言われます。子供のコスプレを見て何が楽しいんやと思うので、興味の矛先をどうにか変えたいなと思う今日この頃です。

妹がケーキを買ってくれたのですが、そのケーキがとても良かったので紹介します。

すごくないですか?

公式にタイアップしているキャラデコケーキは、キャラの装飾がされているだけの子供騙し感があって避けていました。

でもこのケーキはケーキに好きなキャラクターの絵を描いてくれるサービスを提供しているケーキ屋さんのもので、注文に合わせて都度作ってくれるようです。

大人もテンション上がる仕上がりです。

価格は7〜8,000円とケーキとしてはお高めですが、これ自体をプレゼントだと考えればそこまで高くはないなと思います。

有名店のものを除いて、ただのケーキならどれだけおいしくても5,000円くらいまでだと思いますが、キャラクターを描くという付加価値によって1.5倍の値付けをしても喜んで買ってもらえる商品になっています。

もちろん味も良かったです。甘すぎずバクバク食べられました。

 

他と違うことをやれば、今はインスタなどSNSを通じて世の中に知れ渡っていきます。

売り方も大事ですが、売るものをどう価値の高いものにできるのかも大事です。

価値があるとは他と違うということとも言えます。

他社と同じものを売っていませんか?

 

p.s.

娘はど真ん中の顔面をえぐるように食べてました。破天荒なタイプかもしれませんね。

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

インフルエンサーの価値

息子(3才)は動画好きです。毎晩ご飯の後、お風呂に入るまでは動画タイムです。お気に入りは「レオンチャンネル」というおもちゃの紹介動画です。仮面…

なんちゃってマネージャーの仕事の流儀

ギョッとした記事があったのでシェアします。リモートワークにして社員の仕事が見えないことを問題視している会社が、ランダムで画像を保存してきちんと勤怠しているのかを確…

マーケティング活動をシェアする

バーや寿司屋の価値は「一人では買えないような商品を、店に集まる人たちでシェアする場」と言える。という記事がありました。例えば、大間のマグロや英…

眼科で自戒した全ての仕事に必要なこと

嫌な出来事がありました。コンタクトを買うためにアイシティへ行ったのですが、いつもお世話になっている店舗に併設されている眼科が閉院したということで、別の店舗を紹介さ…

ビジネスで成果を出すための原理原則

役割によって求められる成果は異なりますが、どんな役割でも成果が出せるようになるために必要なものは同じです。それは、知識とスキルです。成果はスキルによって生…