マーケティングをマネジメントするとは?

  1. コラム
マーケティング道場の門下生から「マーケティングをマネジメントするとは?そのために必要な力とは?」という質問をもらいました。その回答をシェアしたいと思います。

マーケティングをマネジメントするということ

目標達成のためのゴールプロセスを作り、それが想定通りに動いている状態を作るということになります。

簡単に言うと「PDCAを回してゴールを達成させる」ということですが、簡単な言葉だけだと「わかってないな」と思われてしまうかもしれません。

PDCAを説明する言葉としては、 現状把握から仮設を作り、実行を経て、結果と想定とのギャップから、 次の仮設を作って、次の実行をして成果を高めていくこと、 という感じですかね。

そのために必要なスキルとしては、

・コンテンツ開発力(何をどう伝えるか?を考える力)

・データ分析力(想定と実際とのギャップを見つける力)

・チームマネジメント力(施策実行の担い手に成果を出させる力) という感じでしょうか。

で、おそらく先方が気にしているマネジメント力というのは、 チームマネジメント力のことだと思いますので、 それに対する説明としては、

・パートナー選定力(課題解決のための適切なパートナーを選べる力)

・施策理解力(数あるマーケティング施策の役割や効果を理解する力)

・コミュニケーション力(パートナーが能動的に動いてくれるように促す力)

という感じでしょうか。

マーケティング部メンバーがいるような場合は、 個人の目標とチームとしての目標を重ねてあげることによって本人の意欲が高まるので、そういうモチベーション管理もできていると、 組織の成長を見ている経営者としては、喜ぶのではないでしょうか。

マーケティングマネジメント成功の鍵はチームのマネジメント

マーケティングを成立させるためには多方面における施策展開が必要です。そのためには適切なスキルを持った人たちとチームで取り組む必要があります。おひとり様マーケターの場合も、外部のパートナーとの協業は必須です。

どれだけ優れたプランがあっても、それを実行できなければ何も生み出せません。

メンバーが居ても、彼らに期待通りの動きをしてもらえなければ、期待通りの成果を得ることはできません。

なので、チームの力を最大化するためのマネジメントが最も重要だと言えます。ここがマーケティング成功の非常に難しい点です。

「人は変えられない」この原理原則に立ち、自分を変えていくしかありませんね。

#マーケティング

マーケティング道場ONLINE

詳しく見る
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

マーケターに向いてる人向いてない人

こんなツイートがありました。マーケターは、営業という売る仕事をしている人の方が向いているというつぶやきです。売るためのプロセスの起点になるのが広告なので、…

マーケターは料理人

マーケティングアジェンダ(マーケティングに携わる人達のサミット)の楽屋話が記事化されていました。大企業でマーケティングに携わってきている方たちがディスカッショ…

PS5のイケてる販売方法

PS5の発売が近づいて来ましたね。ゲームは死ぬほど時間使ってしまうので、社会人になってからは遠ざけていたのですが、子供ができswitchを手に入れてから少しゲーム…

利益を最大化する価格の決め方

商品の価格をどうやって決めてますか?たいてい原価に利益を乗せて算出したり,競合の価格を参考にして、それより少し下げた価格にしたりしていると思い…

PRがまやかしになりがちな理由

テマヒマのオフィスは時に駆け込み寺のようになります。先週末はこの春から大手PR会社に就職した元インターン生(以下:元)が、近況報告も兼ねて遊び…