アンチとフォロワーの関係

  1. コラム

アンチを恐れてはいけない。

どんなに素晴らしい商品も、万人に受け入れられることはありません。

なぜなら「人と同じは嫌だ」という価値観を持っている層が存在するからです。

「自分は特別だ」「人とは違っている」と感じ、それをアイデンティティとしている人たちです。

なので、反対派は必ず存在します。

アンチに対する企業の姿勢

でも多くの企業がアンチを恐れます。大きな企業になればなるほど保守的になり、できるだけアンチが発生しないようなコソコソとした動き方をしがちです。

たまに広告表現で炎上してる企業がありますが、僕は完全に企業に賛同します。CMと取り下げたりしてますが、あれもしなくていいと思ってます。

なぜならアンチは顧客じゃないからです。企業が発信していることを否定する立場なのであれば、その企業と付き合わなければいいだけだからです。

見たくなければ見なければいいし、商品を買わなければいいだけだからです。

世間の目を気にして、臭いものに蓋をするような対応になりがちですが、なぜそれをしたのか、どういう考えのもとで実施したのかをきちんと伝えて、フォロワーの賛同を得た方が良い対応だと思っています。

なぜならアンチがいるということは、フォロワーも多いからです。

アンチがいることの意味

アンチが多い人はフォロワーも多いです。ホリエモンや西野さんなどは典型ですよね。

アンチは目立ちます。相手を攻撃したい、批判したいという気持ちがあるから、より目立つ存在になります。

フォロワーは逆に目立たず応援している人の方が多いです。アンチと戦いたいとも思っていません。ただ、発信者から価値を受け取りたいと感じているだけです。

つまり、アンチよりもフォロワーの数の方が多いと言えます。

 

アンチがいないということは、同時にフォロワーもいないと言ってもいいと思います。

アンチがいるということは、本来興味を持たないはずの反対派にまでアプローチができているということでもあります。

つまり、今やっていることがより多くの人に届いている証拠と言えます。

あえてアンチを作る必要はないですが、自分が正しいと思ったことを提供していて、それに対して批判があったとしても気にすることはありません。

むしろフォロワーが増えていると喜んでよいです。

 

p.s.

今朝、初めてYoutube動画にネガティブコメントがついてました。「音が小さい」「聞くのが疲れる」という内容なので、アンチまではいきませんが、着実にフォロワーが増えているんだなと感じられたので喜んでますw

毎朝撮影して編集して投稿する日々も、気づけば3ヶ月が過ぎました。100本ノックシリーズも8合目に到達しています。

ネタ切れになるかなと心配してたけど、なんとか最後までやりきれそうですw

100本めをどんなネタにするか考え中。

マーケティング道場ONLINE

詳しく見る
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

事業を成功させるための3つの装置

インターンの募集を積極的に始めました。Wantedlyというマッチングサービスを利用して、大学生インターンを募集しています。数名面談をしていて改めて思うこ…

サブスクの押し売り

ネタ探しにMarkezineを物色しに行きました。いくつか興味のあるトピックがあったので覗いてみると、雑誌版を購入している人しか2ページ目以降が見れないように…

小規模事業主がECをやるべき理由

BASEというEC店舗運営サービスが伸びています。写真を用意するだけでECショップを開店できます。利用料も基本無料で、販売額に応じた手数料を支…