ハーゲンダッツは何故12月に最も売れるのか?

  1. コラム

季節によって需要が高まったり低くなったりする商品があります。

ビールなど飲料であれば夏場、マスクやカイロなどは冬場。アイスも夏場に需要が高まるのですが、ハーゲンダッツは12月に最も売れます。

ハーゲンダッツと言えば、高いアイスクリームの代名詞となっています。日常的には食べないけど、ちょっと贅沢したい時に買っている人も多いのではないでしょうか?

コンビニで買えるようになったことで、より身近な存在になった印象を持っています。コンビニスイーツが人気となり、200-300円するデザートを買う人が増えているので、ハーゲンダッツの価格も相対的に高くなくなったことも売れている要因だと思います。

ハーゲンダッツは12月に最も売れる

その理由をハーゲンダッツのブランド戦略をされている黒岩さんは、年末のプチ贅沢として買われる傾向があるのではないかと考えています。ちょっとした贅沢として手頃で手に入りやすいものとして想起されやすい状況を作れているのだと思います。

お正月に家族が集まるので、贅沢感を楽しめるおやつとしても買い込まれているのではないかと思います。一般的に年末年始は購買力が高まります。新しい年に向けての準備やお祝いで、ちょっとした贅沢をする傾向にあるからです。

あとはクリーム系のアイスは冬場の方が売れるというのもあります。ガリガリ君のような氷系は夏場に売れます。雪見だいふくなどは冬場です。暑いときにはとにかく冷たさを感じられるタイプが人気で、冬場はあったかい部屋で適度な冷たさを感じながら味を楽しめるタイプを欲しくなります。夏の暑い日にこってりしたクリームを食べたくないですよね。

マーケターの目指すこと

需要期に売れるのは当たり前として、非需要期に売れると1年の売れ行きが底上げされます。

どういうマインドセットを見込み客に提供できれば、普段買わないタイミングで人が買いたくなるのか考えて仕掛けていくことが、マーケターとしての腕の見せどころだと思います。(超むずいですけどw)

p.s.

糖質オフな人になっているのであまり食べませんが、アイスも毎日食べていました。ハーゲンダッツも美味しいですが、僕がよく食べていたのは同じクオリティで手頃に買える「MOW」「牧場しぼり」です。あと「パルム」も捨てがたい。

参考 https://toyokeizai.net/articles/-/321778

 

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

沈黙する顧客

日本酒原価酒蔵という日本酒を原価で飲める居酒屋さんがあります。入場料880円を支払うと、日本各地の銘柄が40ー50種くらい原価で飲めます。実際…

セールスで最も大切なこと

起業家向けのメディアに載せるマーケティングについての記事の依頼を受け、アウトプットし続けることが自分の仕事だと改めて感じたというお話です。新規…

高級な商品を買う人が買っているもの

昨年12月に渋谷スクランブルスクエアでOPENしたWeWorkにオフィスを移したのですが、コロナ感染を避けるために3ヶ月以上利用してない状況が続いています。渋谷は人が多い…

デザインの意味

熊本地域医療センター(熊本市中央区)で、看護師の日勤と夜勤を制服で色分けして、残業時間の削減につなげる取り組みが効果を上げているようです。一目で勤務時間帯が分かるため…