記事LPを活用すべき理由

  1. プロモーション
webプロモーションの王道が変わったというお話をしました。今日はその理由についてお話します。

記事LPというのは、見込み客の興味を引き、理解を促すための情報がメインになっているランディングページのことです。

記事LPを活用すべき理由には2つあります。1つは、潜在的な見込み客を顕在化できるということです。もう1つは、多くの潜在的な見込み客にアプローチできるということです。

まず「潜在的な見込み客の顕在化」についてお話します。

見込み客を潜在化する

記事LPの構成は大きく3つあります。 ・ニュース型

・体験レビュー型 ・比較型

1つ目のニュース型は、何らかの最新情報をフックに商品の情報へと展開していく形です。 ex.最新の研究でわかった●●、新登場のこのアイテムがやばい

2つ目の体験レビュー型は、個人の感想を主体とした口コミ要素の多い形です。 ex.3ヶ月で私が生まれ変わった理由、これは絶対オススメ!●●

3つ目の比較型は類似商品の機能比較やアンケートを元にランキングを作ったりする形です。 ex.●●と●●どっちがお得?、肌悩み1000人が選んだベスト●●

ターゲットの状態に応じたコンテンツ展開をすることで、潜在的な需要を顕在化させることができ、最終的に商品に紐付けることができるようになります。

ただ漠然とした悩みを抱えているstage1の人や、問題は認識しているけど解決策を知らないstage2の人の興味を引きつけるためにはうってつけの施策です。

潜在的な見込み客にアプローチする

記事LPは、SNSやニュースアプリなどのフィードに流れてくる、一見広告と見分けのつきづらい広告を利用して誘導します。

そこには役に立つ情報が書いてあるので、広告でありながらも読んでもらいやすいという特徴があります。

なぜSNSやニュースアプリを利用するかと言うと、生活者の可処分時間がそこに多く使われているからです。

可処分時間とは、その人が使える時間のことで、広告の観点で言えばどれだけ接触機会が多いかを表しています。

TVが王様だったのは、もちろん映像という最強の伝達手段だということもありますが、みんながTVを見ていたからです。つまり可処分時間の配分が多かったからです。

今ではネット利用時間の方が長くなっています。普段の生活を振り返ってみてください。SNSやニュースアプリ、LINE以外で何に時間を使っていますか?

なので、人の集まっている場所で広告するためには、SNSやニュースアプリで広告を出さなければいけません。

そしてその時、従来の広告の形(商品LP)では、「これは違う」という反応になってしまいます。そこで、ユーザー体験を損ねない形としての記事LPが活躍するという構図になっています。

では、効果的な記事LPの使い方について明日またお話します。

マーケティング道場ONLINE

詳しく見る
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

記事LPの活用方法

今日は記事LPの活用の仕方についてお伝えします。昨日の記事でも書いたように、記事LPの構成は大きく3つあります。・ニュ…

都知事選2020で見た広告術

サクッと都知事選終わりましたね。選挙カーや街頭演説が少なかったからか、静かな選挙戦だったと思います。あれは迷惑行為でしかないので、今後も自粛してほしいもんです。汚…