記事LPの活用方法

  1. プロモーション
今日は記事LPの活用の仕方についてお伝えします。

昨日の記事でも書いたように、記事LPの構成は大きく3つあります。

・ニュース型

・体験レビュー型

・比較型

それぞれターゲットの「状態」に応じて展開すると効果的です。

ターゲットの状態とは、

1.何も知らない(ただ漠然と悩みを抱えているだけ)

2.問題は知っている

3.解決策を知っている

4.解決のための商品を知っている

5.商品もその売り手も知っている

の5段階あります。

ターゲットに合わせた型の使い方

5.の顕在層をターゲットにしているなら「体験レビュー型」を使ってください。

なぜなら、「これは本当に自分にとって良い商品なのか?」という疑問を持っている段階の人だからです。体験した人の評価によって背中を押されます。

4.の顕在層をターゲットにしているなら「比較型」を使ってください。

なぜなら、特定の商品で問題を解決しようと考えている人たちなので、そのカテゴリ商品の中で、自社の商品に興味を持ってもらうことができるからです。

それ以外の潜在層に対しては「ニュース型」を使ってください。

なぜなら、商品について興味を持っている段階の人たちではないからです。

ニュースの質が成果につながる

メディアというものが存在し続けているのは、そこに人々の関心あるものがあるからです。それが「ニュース」です。

新しい発見や珍しい出来事、人には知らないことを知りたいという欲求があります。

そして、それを誰かに共有して承認されたいという欲求があります。

そのため、ニュースの形をして目の前に来たものに対しては、積極的にアクションしてしまうことになります。

潜在層の人たちに必要なのは、「何が問題なのか?」「何が原因なのか?」「どう解決すればいいのか?」という情報です。

なので、これをニュースとして伝えることで、潜在層に読んでもらえる記事になり、読んでもらうことで需要を顕在化することができます。

自社の商品にどんなニュース性をもたせられるのか、業界でどういうニュースがあるのか、見込み客の生活にインパクトを与えるニュースはどのようなものか、それらを企画することがマーケターの仕事だとも言えます。

いずれにせよ、役に立つ情報のない記事はスルーされてしまいますので、どれだけ独自のコンテンツを作れるかというところが、今のオンラインマーケティングの世界で勝つための必須条件だと思います。

マーケティング道場ONLINE

詳しく見る
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

記事LPを活用すべき理由

webプロモーションの王道が変わったというお話をしました。今日はその理由についてお話します。記事LPというのは、見込み客の興味を引き、理解を促…