市場にいる人たちの市場の見方

  1. コラム

「フォールス・コンセンサス効果」というものがあります。他人の価値観は自分と同じようなものだと思い込みやすい、というものです。

シカゴ大学 ジョージ・ウーの実験

これを実証するためのこんな実験がありました。

学生たちに2つの質問をしました。

A:あなたは携帯電話を持っていますか?

B:クラスの何%が携帯電話を持っていると思いますか?

携帯電話を持っていると答えた学生は、平均してクラスの65%が持っていると予想しました。

携帯電話を持っていないと答えた学生は、平均してクラスの40%が持っていると予想しました。

実際には、携帯電話の所有率はクラスの50%でした。

この実験は、「自分が持っていないものは、他の人も持っていないだろう」と思う傾向があるということを示しています。

特に世の中の人たちが使っていない商品を市場に浸透させる場合、この心理を打破する必要があります。どれだけ問題を喚起して、解決策を提示して、そのための最適な商品がコレ!ということを伝えても、いま自分が使っていないものへの関心を寄せることは難しいです。

「どうせ、他の人も使っていないだろう。自分にも必要ない。」と思うからです。なのでマーケティングにおいては、”売れている感””流行ってる感””周りも使ってるから自分にも必要感”を作り出すことが大事になります。

「必要としている人に売る」、これはマーケティングの一つの側面でしかありません。需要を掘り起こして、価値提供機会を最大化することがマーケティングの本来の目的で、醍醐味です。

是非、自社の商品を買わない人たちがそれを買わない理由を考えてみてください。欲しくない人の欲しくない理由を払拭することができれば、商品は自ずと買われます。

そうできたら、めちゃめちゃ楽しいですよね。僕はいつもそういうことを考えています。

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

コロナ不況へのマーケティング

「好況よし、不況さらによし」松下幸之助さんの言葉です。「好景気のときは、駆け足をしているようなものだ。一方、不景気はゆるゆる歩いているようなものだ。駆け足のときは他に…

ぼったくられ企業

久しぶりに腹の立つ出来事に遭遇しました。とあるクリニックのプロモーションを担当している知人から「急ぎで相談毎がある」と一昨日夜中にメッセージが…

「LINEは店員さん」という極意

朝の動画撮影&編集も完璧なルーチンにできてます。ルーチンを作るために「マーケティング道100の教え」というシリーズで、マーケティングについてマーケティング実践につ…

商品ではない、結果を売れ

広告の役割は、商品を売ることです。昨日見つけたこの広告はそのゴールを描けている良い例です。ポイントはベネフィット(商品によって得られる結果)が…