自分の力で生きていきたい人の成功法則

  1. コラム

先日、知らない人からtwitterのDMが届きました。

内容は平岡のYoutubeチャンネルを見て非常に学びがあったので、もっと多くの人に見てもらえるようにしたいという内容でした。

反応を高めるためのサムネイルを作ったのでよかったら使ってみてほしいと、サムネイル画像のデータを送ってくれてました。

動画のどこが良かったかや、平岡の魅力をより伝えるためのコピーとデザインについても考察してくれていて、しっかりとした提案でした。

ただの営業であればスルーですが、自分に対して時間を使ってくれた感じが伝わったので気になり、御礼と合わせてどういう人なのか知るためにやりとりしてみました。

どうやらYoutubeチャンネルの運営サポートをしているらしく、修行のために作ったサムネイル画像をせっかくなのでプレゼントしたかったとのこと。

サムネイル自体は想像よりも良い仕上がりでしたが、今は自分で全部やるフェーズだと思っているので、仕事の依頼はできない旨をお伝えしました。

Youtubeチャンネルには興味あるけど、動画を作ったり、サムネイルを作ったり、投稿したりするのはできないと思っている方がいれば、ご紹介しますのでご相談くださいませ。

自分のスキルで食っていく方法

タイミングとクオリティの点で今回は依頼するに至りませんでしたが、このやり方でこの方は確実に仕事を手に入れていくと思います。

100件同じアプローチをすれば、10件は受注できるのではないかと思います。

ビジネスの原理原則は先行投資です。資本を投じて価値を作り、それを顧客へ届けることで報酬が手に入ります。

飲食店であれば、店舗を借りて食材を仕入れるためにお金がかかります。それを顧客に料理という商品として提供することで報酬を得られます。

投資というのは、お金のことだけではありません。自分の持っている時間や労力を価値に変えて、報酬を得ることができます。

スキルで食っていこうとする人は最初に仕事を求めていてはいけません。

既に実績を出している有名人であれば仕事の方からやってきますが、多くの人が無名の個人だと思います。そこから仕事を手に入れるためには、自分の投じれる資本である時間や労力を投資して、無から価値を生み出して、それを買ってもらうという活動が必要になります。

飲食店を経営するためには数千万円の初期投資が必要ですが、自分のスキルで仕事をしていこうとする人は数千万円の初期投資は必要ありません。その代わりに数時間の自分の時間を投資すればいいだけです。なのに、最初に価値提供しようとしない人が多いと思います。

これはれっきとしたマーケティングです。無料オファーで見込み客を集めて、商品の価値によってリピートを促して、報酬に繋げるというプロセスが構築されています。

twitterという無料ツールでダイレクトアプローチすることで、広告費もかからず、自分の時間と労力だけで集客をしています。

商品作りも、集客にもお金は一切かけずにビジネスを生み出しています。

 

実績がない、誰も知らない人からお金を出して何かを買う人はいません。

無料で価値提供すればそれが実績になります。一度価値提供すれば見込み客の知っている人になります。それによって、仕事を作っていくことができます。

これができる人は自分のスキルで食っていけます。

これができない人は自分のスキルで食ってはいけません。

本質はいつもシンプルです。

 

 

 

 

マーケティング道場ONLINE

詳しく見る
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

プロマーケターってどうなの?

昨日は「濃い顔の会」という顔の濃い人が集まる会合でした。その場で「ここ最近のマーケティングのプロ的な人たちのもてはやされ方はいかがなもんか?」という話題になりまし…

Googleが提供する教育コンテンツ

Googleがデジタルマーケティングの教育コンテンツを提供しています。「デジタルワークショップ」というサービスで、動画を見て、実践問題を解くと…

顧客のライフスタイルを見極める

昨日は奥様の代打で息子のお迎えに行きました。18時まで打ち合わせがあったので、お迎え時間はギリギリ。保育園に着いた時には19時を周り、息子はお迎えを待つ最後の…

伝わるフィードバックのやり方

丁稚をさせている弟子にランディングページのワイヤーフレームの作り方を教えました。ワイヤーフレームの質がランディングページの力を決めます。まずは企画案を作ってもらい…