スキルアップの秘訣

  1. コラム

そう言えばと思って数えたら、昨日で936記事になっていました。数え忘れてる間に900記事超えてましたw

毎朝の執筆を日課にしてから4年以上が経ちます。人生で1番続けられていることになりました。

この4年で情報を集めること、文章を書くこと、編集すること、物事を構造化することなどのスキルが身につきました。スキルアップの近道は「習慣化」だと実感しています。僕自身が実践している習慣化のポイントについてお話します。

習慣化のポイント

  1. 実行の時間を決める(朝起きた時に書くと決めてます)
  2. 何かのついでに実行する(食事の時間をインプットに充ててます)
  3. 実行を目的とする(成果の質にこだわらず、形だけでもとにかくやる)

「よしやろう!」と毎回意気込んでやっていると、意思の力が毎回必要になります。人間の意思は弱いので、何かしら他のことを優先してしまいます。

1.実行の時間を決める

習慣化しようと思って取り組むことは、それまでやってきていないことなので、どうしても優先度が下がりがちです。なので、まずそれに取り組む時間を確保することが大切になります。

おすすめは朝です。なぜなら、最優先に取り組めるからです。夜にしてしまうと、他のことで予定が狂い、できないタイミングが増えてしまいます。

2.何かのついでに実行する

次に、何かのついでにできることなら、他のことをしている時間に組み込むのもおすすめです。僕の場合だと、インプットを移動時間や食事時間に組み込みました。

IF~THENの法則にあてはめるのですが、「もし〜なら、こうする」という状況を作るようにします。「移動するならSNSを見る」「食事をするならニュースアプリを見る」など。運動をするという習慣を身につける場合であれば、テレビを見ながらスクワットするなど。

3.実行を目的とする

そして最後は、完璧を目指さないということです。できない内から完璧を目指そうとすると、実行が難しくなります。やること自体が難しくなり、実行のために意志の力が必要になります。そうなると続けられなくなり、やめてしまいます。

なので、質にはこだわらずにとにかくやった事実を作るようにします。できなかった日があっても、それは忘れて再開します。3日目でできなかったとしても、再開すれば3日坊主にはなりません。とにかく続けることが大事です。

マーケティングの業務も同じで、小さなPDCAは型化できます。それぞれやるタイミングを決め、質にこだわりすぎず、実行を第一に取り組めば、PDCAを安定的に回せて成果を得られるようになります。

ポイントはこの3つです。

  1. 実行の時間を決める
  2. 何かのついでに実行する
  3. 実行を目的とする

 

 

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

PRがまやかしになりがちな理由

テマヒマのオフィスは時に駆け込み寺のようになります。先週末はこの春から大手PR会社に就職した元インターン生(以下:元)が、近況報告も兼ねて遊び…

記事LPを取り巻く環境と今後の動き方

ランディングページの構成案を作りました。今回は見込み客の納得を作る要素を厚めの構成に。基本的にプロモーションは、記事LPと商品LPの二段構えの構造にしてい…

検索広告の落とし穴

「指名検索を増やすために、一般KWでの出稿を増やす」というのが、検索広告の王道です。多くのリスティング広告運用会社がこのように提案をしてきます。…

アンチとフォロワーの関係

アンチを恐れてはいけない。どんなに素晴らしい商品も、万人に受け入れられることはありません。なぜなら「人と同じは嫌だ」という価値観を持っている層が存在するか…