スキルアップの秘訣

そう言えばと思って数えたら、昨日で936記事になっていました。数え忘れてる間に900記事超えてましたw

毎朝の執筆を日課にしてから4年以上が経ちます。人生で1番続けられていることになりました。

この4年で情報を集めること、文章を書くこと、編集すること、物事を構造化することなどのスキルが身につきました。スキルアップの近道は「習慣化」だと実感しています。僕自身が実践している習慣化のポイントについてお話します。

習慣化のポイント

  1. 実行の時間を決める(朝起きた時に書くと決めてます)
  2. 何かのついでに実行する(食事の時間をインプットに充ててます)
  3. 実行を目的とする(成果の質にこだわらず、形だけでもとにかくやる)

「よしやろう!」と毎回意気込んでやっていると、意思の力が毎回必要になります。人間の意思は弱いので、何かしら他のことを優先してしまいます。

1.実行の時間を決める

習慣化しようと思って取り組むことは、それまでやってきていないことなので、どうしても優先度が下がりがちです。なので、まずそれに取り組む時間を確保することが大切になります。

おすすめは朝です。なぜなら、最優先に取り組めるからです。夜にしてしまうと、他のことで予定が狂い、できないタイミングが増えてしまいます。

2.何かのついでに実行する

次に、何かのついでにできることなら、他のことをしている時間に組み込むのもおすすめです。僕の場合だと、インプットを移動時間や食事時間に組み込みました。

IF~THENの法則にあてはめるのですが、「もし〜なら、こうする」という状況を作るようにします。「移動するならSNSを見る」「食事をするならニュースアプリを見る」など。運動をするという習慣を身につける場合であれば、テレビを見ながらスクワットするなど。

3.実行を目的とする

そして最後は、完璧を目指さないということです。できない内から完璧を目指そうとすると、実行が難しくなります。やること自体が難しくなり、実行のために意志の力が必要になります。そうなると続けられなくなり、やめてしまいます。

なので、質にはこだわらずにとにかくやった事実を作るようにします。できなかった日があっても、それは忘れて再開します。3日目でできなかったとしても、再開すれば3日坊主にはなりません。とにかく続けることが大事です。

マーケティングの業務も同じで、小さなPDCAは型化できます。それぞれやるタイミングを決め、質にこだわりすぎず、実行を第一に取り組めば、PDCAを安定的に回せて成果を得られるようになります。

ポイントはこの3つです。

  1. 実行の時間を決める
  2. 何かのついでに実行する
  3. 実行を目的とする

 

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気の記事

  1. 1

    都知事選2020で見た広告術

  2. 2

    ファン向け商品の落とし穴とは?

  3. 3

    忘れてはいけない広告の役割

  4. 4

    おもしろ広告大賞

  5. 5

    5日間で700万本!?

カテゴリー

関連記事