[発表]2019年12月のテマヒマメール開封率ランキング

  1. オフィシャル

1.[感謝しかありません]2019年のテマヒマ(29.4%)

2.[お歳暮]アフィリエイト広告の変遷(27.1%)

3.[お歳暮]webプロモーションの王道(22.6%)

4.手法の話をしない理由(22.4%)

5.テマヒマからのお歳暮のお知らせ(21.1%)

6.[お歳暮]検索広告の落とし穴(21.0%)

7.[お歳暮]マーケティングにおける広告の役割(20.9%)

8.[お歳暮]アフィリエイト広告活用法(20.9%)

9.[お歳暮]記事LPを活用すべき理由(20.8%)

10.[発表]2019年11月のテマヒマメール開封率ランキング(20.7%)

2019年最後にお届けしたメールが1位でした!

自社の報告のようなありきたりな件名にしたので、開封率は低いかなと思っていたのですが、締めくくりということで読んでいただけた方が多かったのだと思います。

2019年も読者の皆様に支えていただけたお陰で、毎朝続けることができました。

テマヒマの活動への通知表代わりに、年末にアンケートを取らせていただきました。

 

その中で、テマヒマメールへの課金について質問をしました。

役に立っているという声を多くいただいていたので、メールによる情報発信にも課金すべきではないかと考えていました。価値提供に対して報酬をいただくのは当たり前だと思っています。

ただ、読者の方あって成立しているところもあるので、アンケートの結果を見て判断することにしました。

テマヒマの記事に対して課金しても良いと答えてくれた方が65%以上いました。最も多かったのは月1,000円と答えられた方です。

この結果を受けて、引き続き無料で情報提供していくことに決めました。

理由は、課金して小銭を稼ぐよりも、できるだけ多くの方に役に立つ情報を届けて、マーケティングに積極的に向き合ってくれる人を増やす方が大事だと判断したからです。

今年も月1,000円払ってもいいと思ってもらえる情報をお届けしていければと思います。

(稼ぎどころは他で作りますw)

p.s.

手法だけではそれぞれのビジネスに落とし込んで考えるのが難しくなることもあるので、できるだけ応用を利かせられるように考え方をお伝えすることを大切にしています。

これからも考え方を元に手法に落とし込める情報を、積極的に発信していければと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

マーケティング道場ONLINE

詳しく見る
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

MarkeMediaDays登壇報告

昨日はマーケメディアさん主催のセミナーイベント「MarkeMediaDays」で登壇してきました。内容は、おひとり様マーケター向けの「PDCAの回…

マーケティングの窓口

テマヒマの新サービスのキックオフmtgをCTOと担当エンジニアとでやりました。新サービスは簡単に言うとweb集客で悩んでいる事業主のための「なんでも相…