広告クリエイティブに必要なもの

北陸のカニポスターがいけてます。

広告は注目されなければ意味がありません。

注目を集める方法に「ユーモア」を加えるというのがあります。

人は面白いもの楽しいものを見たいと感じます。

不快なものは見たくないですよね。

カニを見るのが嫌という人にとっては不快かもしれませんが、

そういう方はそもそもこの広告のターゲットにはならないので、

問題はありません。

この広告を見て、「カニ食べたいなー」「冬の旅行は北陸もいいな」と感じた人がいたら、

この広告は成功です。

広告の役割

広告の役割は認知・興味の獲得だからです。

通販などは広告自体が申込プロセスを担っているので、

広告の役割は販売だと考えられますが、

多くのビジネスでは広告と販売プロセスが分かれていることが多いので、

広告の役割は認知・興味プロセスの達成だと考えた方が

理解がしやすいと思います。

 

人がどんなものにユーモアを感じるのか、

それを感じとる力がマーケターには必要です。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気の記事

  1. 1

    マーケティングで使う「導線」

  2. 2

    返報性の原理が効力を失う時…

  3. 3

    都知事選2020で見た広告術

  4. 4

    記事LPを活用すべき理由

  5. 5

    広告業界の不健全な構造

カテゴリー

関連記事