企業と地域のタイアップ #シブサラ

  1. クリエイティブ


よく行く近所のパン屋さんの奥にレストランがあります。先日、家族でディナーに行きました。

メニューを持ってきてくれたスタッフさんからサラダピザをおすすめされました。キユーピーさんと代々木商店街とのコラボ企画の一貫で提供している商品とのことでした。

「シブサラ」というイベントで、20店舗ほどのお店がサラダをテーマにオリジナル商品を作り提供しています。

普通に美味しそうだったので注文しました。商品を運んできてくれたときに、スタッフさんから「#シブサラ」でインスタ投稿するとおまけメニューをもらえると教えてもらったので、ピザの写真を撮り「#シブサラ」で投稿。

パン屋さんもやってるだけあって、生地がおいしすぎる。肉と野菜と生地が一体感を出していて、そこまでサラダ感はなく、ヘルシーなピザという感じで美味でした。

シブサラのパンフには企画実施店舗と各店舗のオリジナルサラダメニューとおまけメニューが載っていて、これをきっかけに気になるお店も見つかりました。

お店側と顧客との間のコミュニケーションのきっかけにもなり、お店側にメリットの多い素敵な企画だと思います。

限定的なエリアでのイベントなので、そこまで多くの人が企画参加するとは思えませんが、こういう地域を巻き込んだ施策は、関わる人たち全員にメリットがある企画だと思います。

キユーピーさん的には啓蒙活動なので、直接的な売上貢献を期待した施策ではないと思います。こういうやり方は大企業のなせる業なので、決して中小企業が真似してはいけません。なんの効果も得られないまま、労力とお金が無くなってしまうからです。

おみやげももらえました。

 飲む人のためのサプリなんて出してたんですね。これは良いサンプリングだと思いました。

p.s.

#シブサラ調べたら500件以上の投稿あってびっくりしたw

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

2つの良い広告

広告の役割は「人の意識と行動の変化を起こすことです」。そのためにはまず、「気づいてもらう」「興味をもってもらう」ことが必要になります。とても素晴らしい広告…

伝わる伝え方

感動的なデザインを見つけました。足つぼがどういう症状に効果があるのかを示したイラストです。よく見る足つぼイラストとの違いがわかりますか?よ…

買い続ける理由の1つ

「顧客には二度売れ」という格言があります。どういうことかと言うと、顧客のテンションは買った瞬間がピークです。期待に胸を膨らませてワクワクしている状態です。買ったけ…