クリームソーダのマーケティング

  1. クリエイティブ

これなんだと思いますか?

元はこんな感じでした。

中身は同じクリームソーダですが、最初の画像のように盛り付けを変えたことで売上が5倍になったそうです。

別の市場には金脈がある

何が起こったのかというと、見た目を変えたことで市場が変わりました。

これまでは、クリームソーダを飲みたい人、とにかく青いものが好きな人などがこのクリームソーダの顧客でした。

でも見た目を変えたことで、インスタ中毒者やきれいなもの好きなどが顧客に加わりました。これによって市場が大きくなり、結果的に5倍の売れ行きになりました。

マーケティングのアプローチには大きく3つあります。

・相手を替える(ターゲットシフト)

・自分を変える(バリューフィット)

・相手を変える(マインドチェンジ)

 

今回の例は、相手を替えるために自分を変えたことでマーケティングが成功した良い例です。

もっと魅力的な買い手はいませんか?

市場を替えるために改良できることはありませんか?

やれることはたくさんありそうです。

p.s.

見た目はよくても飲みにくそうなので、機能性を求めない人向けの商品ですね。

参考 https://togetter.com/li/1400092?fbclid=IwAR38CCtFpct9xQhEMt8Jb7GJPd0K_67bOlYKAgxxPv_L7fYqGe-UBt_loXk

 

マーケティング道場ONLINE

詳しく見る
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

2つの良い広告

広告の役割は「人の意識と行動の変化を起こすことです」。そのためにはまず、「気づいてもらう」「興味をもってもらう」ことが必要になります。とても素晴らしい広告…

買い続ける理由の1つ

「顧客には二度売れ」という格言があります。どういうことかと言うと、顧客のテンションは買った瞬間がピークです。期待に胸を膨らませてワクワクしている状態です。買ったけ…