自動販売機のマーケティング

家の近所にダシの自動販売機があります。
普通の飲み物の自販機に紛れているのですが、初めて見た時には誰かに言わずにはいられないインパクトがありました。
自販機で売っているダシは、料理に必要な人が買う商品ではありません。
ダシが必要な人は、食材を買う時に一緒にダシも買っているはずだからです。
道を歩いていて、「ちょっとダシが飲みたいな」と思う人もほぼいません。
なので、この自販機で売っているダシは、ダシが必要な人のための商品ではなく、自販機で売っているという違和感に興味を持った人のための商品です。
売る人をかえる
人は必要だと思った時にそれを手に入れようとします。
多くの商品がそれを必要だと感じている人に売ろうとしています。
それが確実だからです。
でも、全ての企業がそれを必要だと感じている人に売ろうとしているので、競合性が高まります。
スーパーでダシを売っている場合がこれです。
ですが、必要だと思っていないものを買ってしまうこともあります。
なので、必要としていない人に買ってもらうための方法を考えることが、マーケティングの成功への鍵だと言えます。
ご自身の売っている商品を、必要としていない人に売る方法を考えてみてください。
p.s.
別の場所のダシ自販機にレシピが置いてありました。これもまた良いマーケティングだと感心しました。
ー マーケティングは一日にして成らず ー

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気の記事

  1. 1

    顧客の心を掴むちょっとしたアイデア

  2. 2

    忘れてはいけない広告の役割

  3. 3

    D2Cとは?年商10億円を超えるための3つの戦略

  4. 4

    広告無視フィルターの突破法

  5. 5

    売れない商品を売れる商品に変えた1つのアイデア

カテゴリー

関連記事