0円タクシー

  1. 事例
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38564520V01C18A2000000/?fbclid=IwAR1hj5vL3Hoovi6StottFEOABXDOM60I6eOgTZxD3DcERstyk6uXhiybLhw

 

DeNAが0円タクシーの運用を発表しました。スポンサーが運賃を負担するというモデルで法律をクリアしたようです。広告媒体としてのラッピングタクシーなどはこれまでもありましたが、運賃を0円にしてくれるというユーザーに直接的なメリットを提供できるものはありませんでした。

最初のスポンサーは日清さんだそうです。どん兵衛仕様になったタクシーが紹介されています。乗るのちょっと恥ずかしいくらいのコテコテな様相です。

車内という閉鎖的空間でどん兵衛の広告を見せ続けられたら、嫌でも脳裏に焼き付きますよね。乗る時点ですでに「どん兵衛」に乗り込んでいるような雰囲気も感じられるので、自分ならどん兵衛食べたくなってそうです。

街中を走るので、今までのようなOOHADとしての役割もあり、車内での強制視聴環境もあり、駄菓子をくれるタクシーてのがありましたが、お土産にどん兵衛もらえたりするんであればサンプリングまでできてしまうという、1粒で3度おいしい施策だなと思いました。どん兵衛タクシー乗った!というSNS投稿があれば、PR効果も期待できて4度おいしくなりますね。

世の中への仕掛け作りをやれる場所

事業を作っている企業だからこそ実現できた施策だなと思いました。広告モデルのビジネスなのに広告会社がこれを仕掛けられなかったのは、広告媒体という見方で世の中を切り取っているからだと思います。

0円タクシー自体は、DeNAの展開している配車サービスの認知&登録増のフックとして仕込まれたものだと思いますが、事業に紐づく形での事業展開を実行できるところに面白みを感じます。

広告会社も大手は事業開発など積極的に進めていると思いますが、広告という視点から始められた事業は広告の域を脱しません。その昔、広告業界を目指した人たちがやりたかったこと、やろうとしていたことができる環境は、今はITメガベンチャーにあるのだろうなと今回の件を見ていて思いました。

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

ママスクエアのビジネスモデル

ママスクエアって知ってますか?働きたいママのために新しい働き方を提供している会社です。ママスクエアで働くママは、託児スペースが併設されたオフィ…

大戸屋の残念なプロモーション

良いイメージを作りにいくとだいたいコケます。やっちまってるなーと感じるプロモーションがありました。大戸屋の動画広告です。高橋克典さんが店員役で、お客さんの…

効果のない薬が売れてる理由

効果のない薬が存在します。実際には薬ではないのですが、薬風のものとして販売されています。商品説明にはこうあります。「『プラセプラス』は介護用途など…

マーケターが持つべき問い

JR東日本アプリがリニューアルで使いやすくなったみたいです。これまでは多機能すぎて使い勝手が悪くなっていたところを、ターゲットを明確に…