現在サイトリニューアル作業中です

サブスクモデルが売上を爆上げする理由

サブスクリプションモデルは最強の売り方です。

ビジネスを拡大するためには3つの数字を大きくする以外にありません。

①顧客の数を増やす

②購入単価を上げる

③購入頻度を増やす

サブスクリプションモデルによって、高い機能を低単価で提供することができ、顧客の数を増やせるようになります。(①)

また将来収益を前借りする形での新規集客に投資ができるようになるので、さらに顧客の数を増やすことができます。(①)

継続課金モデルなので、購入頻度が増えます。(③)

そして今回お伝えしたいのが、サブスクリプションモデルを利用すれば、購入単価も上げられるということです。(②)

まずは、サービス内容に差をつけて高い価格帯のプランを導入する方法があります。

ビジネスツールなどではよくある売り方ですね。徐々にアップグレードさせていくようなやり方です。

また、継続的に利用し続けてくれている顧客に対して、別の商品を売ることでより多くの売上を作る方法もあります。

これが追加の販売、クロスセルです。

買い続けてくれている顧客は、その商品を売っている売り手に対しての信用が積み上がっていきます。

つまり、あなたの売る商品に対して疑いを持ちづらい見込み客だと言えます。

例えば、初めて入る飲食店は少し不安を感じますよね。

できるだけ安心するためにレビューを見たり、店の様子を伺ったりしながら、物は試しと意気込んで入ると思います。

ですが、一度利用してしまって、そのお店のことを知ってしまえば、次に入る時は気兼ねなく入れます。

来店し続けることでお店の人とも仲良くなれば、今まで食べていなかった料理を勧められたとしても、とりあえず試してみようと思ったりします。

買ったことのない人と買ったことのある人では、売りやすさが段違いになります。

既存顧客は、最も売りやすい見込み客だということを覚えておいてください。

サブスクリプションモデルは、購入し続けてもらう売り方なので、ずっと顧客との繋がりを持つことができます。

その結果、売り手への信用が生まれ、追加の商品の販売をしやすくなり、売上が大きく増えるということです。

p.s.

もちろん顧客の課題解決にならない商品をクロスセルしても見向きもされないので、顧客の課題解決を別の方法で解決するための商品や、今利用してもらっている商品の利便性をさらに高めるための商品などを売るようにします。

ーマーケティングは一日にして成らずー

良かったら気軽にシェアお願いします↓

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気の記事

  1. 1

    5日間で700万本!?

  2. 2

    噂のChatGPTへの対抗策

  3. 3

    広告無視フィルターの突破法

  4. 4

    AIDMAとは?|顧客が買うまでの行動の流れを知ることから始まる

  5. 5

    目を引く広告クリエイティブ集:自衛官募集ポスター

カテゴリー

関連記事