アウトプットの量を増やし続ける方法

  1. コラム
先日、ワークショップ形式の講座に参加してきました。

マーケティング関連のものはもうあまり参加しないのですが、特定の業界におけるノウハウを身につけられるというものだったので参加してきました。

土日の2日間を使った講座で、結果としては、60万円の価値をその時点で感じられるものでした。

2日間の講座の費用としては高く感じますが、そこで手に入れたものを活かすことで支払った額以上の価値を得ることができるとわかっているからです。

ワークショップ形式なので、講座終了時点でアウトプットを一つ完成させられました。あとはそれを自分で活用していくだけなので、すぐに欲しい結果に向けてアクションが取れます。

「収穫逓減の法則」を知ってますか?

土地・労働・資本の投入から得られる収穫は、それらの投入量の増加に従って増えるが、その増え方は徐々に小さくなるという法則のことです。

マーケティングに関する情報を収集していても、同じような情報源から収集しているだけでは、いずれ価値あるインプットが減っていくということに置き換えられます。

最初のうちはそのインプットによるアウトプットを一定増やせますが、同じ量のインプットをしていてもそのうちアウトプットできるものが少なくなっていきます。

それは普段どういうところで情報収集をしているのか、どれだけの量しているのかによって変わります。

webメディアやメルマガなどをメインに情報収集をしているなら、セミナーや講座に参加する方が学びが増えますし、セミナーや講座に参加しているなら、ワークショップや個別フォローアップなどに参加した方が学びが増えます。

そして、特定分野での知識を十分に蓄え、実践によってノウハウをスキルへとできているなら、別の領域でのインプットを増やしていくと、より学びが増えます。

知識のバケツが大きくなるような感じですかね。

アウトプットの量を増やし続けるためには、インプットの量を増やし続けるしかありません。

そのためには違うインプットの仕方を取り入れ続けるしかないということです。

p.s.

マーケティングの実践力を身につけるための「マーケティング道場」は、数ヶ月かけてじっくりと向き合う形の内容ですが、僕が今回受けたような単発の形式のものでも価値提供できるのではないか?と感じました。

「今すぐ結果が欲しい!」と誰もが望んでいると思いますし、全てを一気に知る必要もないと思いますので。ちょっと考えてみます。

#仕事

マーケティング道場ONLINE

詳しく見る
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

スピード成長する企業の正体

これは!と思う商品がありました。ツナマヨ風トーストをすぐに作れる朝食に便利な「のせるマヨシート」(ブルボン)です。ひと手間も惜しみたい朝の時間を過…

コロナ不況へのマーケティング

「好況よし、不況さらによし」松下幸之助さんの言葉です。「好景気のときは、駆け足をしているようなものだ。一方、不景気はゆるゆる歩いているようなものだ。駆け足のときは他に…

沈黙する顧客

日本酒原価酒蔵という日本酒を原価で飲める居酒屋さんがあります。入場料880円を支払うと、日本各地の銘柄が40ー50種くらい原価で飲めます。実際…

市場をつくるアプローチ

メガネをつくりに行きました。自宅に居る時だけメガネをしています。目が悪すぎるので、かけると人を笑かすのに十分なくらい目がちっさくなります。…

マーケティングは誰の仕事?

昨日、古巣の後輩が独立するということで報告を受けていました。「これを成し遂げる!」というものがあるわけでは無いみたいですが、自分の興味ある分野に自分の意志と責任で立ち向か…