この中で1番検索されているものは何だと思いますか?

先日、マーケティングオートメーションツールを提供している会社の社長さんと話す機会がありました。

最近、マーケティングオートメーションって言葉をめっきり聞かなくなったなと思って、Googleトレンドで調べてみたところ、

2016-2017年位をピークに当時の半分以下の検索トレンドになっていました。

どおりで聞かなくなったわけです。

マーケティング施策関連で検索されそうなワードをいくつか調べてみました。

・webマーケティング
・web集客
・web広告
・SEO対策
・SNS運用

この4つのうち、どれが最も検索されていると思いますか?

シンキングタイム!





答えは、SEO対策です。

概念で言えば、webマーケティングやweb集客などが上位なので、検索する人が多いと思いきや、SEO対策という超具体的なワードが1番でした。

より、何をすれば良いのかわからない施策であり、それに頼りたいと思っている人が多い施策なのだと理解しました。

施策価値的には、以前に比べて低くなっていると思っていたのですが、まだまだ力を入れたい人が多いようです。

今ならSNSの活用にもっと力を入れた方が良いのに不思議です。

特定エリアで商売をしている小規模店舗などが数として多いのが理由かもしれません。

なので、マーケティング支援をしている企業は、まだまだSEO対策を擦れる余地はありそうです。

僕もwebサイトを作るのは好きなのですが、自社で運営しているゲーミングサプリのECサイトは、カテゴリキーワード「ゲーミングサプリ」で1位を取れてますし、ゲーマーの体の悩み関連のキーワードでも上位表示できています。

予想以上に検索流入を増やせており、知名度の低い今の段階にはマーケティング施策として成果を出せています。

SEOを専門にしている訳ではないですが、どうやら得意のようですw

僕がSEO対策をする時にやっていることについては、また別の機会でご紹介できればと思います。

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気の記事

  1. 1

    マーケティングで使う「導線」

  2. 2

    返報性の原理が効力を失う時…

  3. 3

    都知事選2020で見た広告術

  4. 4

    記事LPを活用すべき理由

  5. 5

    広告業界の不健全な構造

カテゴリー

関連記事