マーケティングとは道である

  1. コラム

6月から始めたYoutube動画投稿100本ノックですが、最後の動画を先ほど撮り終えました。

前編後編で分けたものもあったので、昨日までで計118本の動画を毎日欠かさず投稿しました。

毎朝6時から撮影して、午前中に編集して投稿の日々。完全に習慣化できましたね。土日もやってるのでブログよりネタ出しが大変でした。。

習慣化の力は偉大です。100個出してからがスタートだと思っているので、ここからが本番ですね!(涙目)

マーケティングとは道である

Youtube動画投稿100本ノックは「マーケティング道100の教え」とネーミングしました。

マーケティングは「道」だと思っています。「道」とは、限りなく続くものです。

武道、華道、茶道など「道」とつくものに共通しているのは、完成が無いということです。

まずは先人が築いた道を進み、自分だけの道を作るのが「道」のあり方です。

高みに登れば登るほど、自分の至らなさや極めることの難しさを感じるので、より高い目標へ向けて歩き続けることになります。

そしてその理想を追い求めて歩き続けるところに「道」の価値があると思っています。

マーケティングも守・破・離

マーケティングも同じです。先人たちが築いた型はあります。でも、それを自分のものにして、より高みを目指すために独自のノウハウを蓄積して、理想の状態を目指し続ける果てのない活動です。

目的地が違えば、道の進み方も変わります。企業や顧客、時代や規模が違えばマーケティングの仕方も変わります。

でも型となる本質は変わりません。まずは型を実践して、自分たちなりの型を作り、想像を超えた地点を目指すことがマーケティング道です。

そして、マーケティング道を極めんとする人が集まるのが、マーケティング道場です。

 

 

 

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

顧客には二度売れ

テマヒマでは不定期でセミナーをしています。内容はマーケティングを体系的に捉えて、本質を知ることをゴールにしています。項目としては、「マーケティ…

恐竜学部というUSP

福井県立大学が恐竜をメインとした古生物学関係の新学部を創設するというニュースがありました。「恐竜学部」と聞いて、思わず目を引きつけられてしまい…

Instagramの効果と実態

決済者と実行者の間には大きな溝があります。Instagramを活用したマーケティング支援をしているテテマーチさんが行った調査でそれが顕著に現れています。…

利益を増やすためのアクション

1月15日でテマヒマは5周年を迎えました。リスティング運用をしてくれているパートナーから素敵な贈り物をいただきました。「てまひま」という名前の日本…