人の信用を手に入れる方法

  1. コラム

国のデジタル化推進本部が動き出しました。

PCすらないという会議風景。。

ぱっと見、デジタルの匂いがしない風貌のおじさまばかりw

この中に天才エンジニアがいることを願います。

人の信用を得るためには、言動を一致させることが大切

デジタル化推進本部であれば、デジタル化を推進していなければいけません。

例えば、会議はリモートで行うとか、情報はPCで共有するとかしてほしいわけです。長机に紙の資料を並べて、雁首揃えて集まっているこの会議にデジタルの要素が微塵も感じられません。

SEO対策を支援する会社であれば、「SEO対策」で上位表示していてほしいですし、広告運用で集客してくれる会社であれば、広告で集客をしていてほしいです。

コンサルティングなど情報を売り物にしているのであれば、情報発信を積極的にしていてほしいし、マーケティングを支援する会社であれば、電話営業とかしてはいけないわけです。

その道のプロとして仕事をしているのであれば、少なくとも自分の会社もそうあるべきです。

ダイエットをサポートする会社の人が太ってたら、

服を作っている会社の人のファッションがいけてなかったら、

人に教える仕事をしている人が誰にも教えたことがなかったら、

説得力がないですよね。

営業代行の会社が営業下手くそなんてケースもよく目にします。

広告代理店が電話営業してるなんてデフォルトですよね。

外注先を探すときのポイントは、言動が一致しているかです。

SEO支援会社なら検索上位にいるか、広告運用会社なら広告で集客をしているか、ツールベンダーならツールを活用しているか、自分たちのビジネスで自分たちが売っている製品やサービスを活用できているかを調べてみてください。

 

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

EC事業社の悩みの種

メーカーで通販事業をやっている企業の悩みの種は「転売ヤー」です。転売ヤーとは転売をする業者のことです。単品リピート型の商品の場合、想定されるLTVを見越して初回の…

マーケターに向いてる人向いてない人

こんなツイートがありました。マーケターは、営業という売る仕事をしている人の方が向いているというつぶやきです。売るためのプロセスの起点になるのが広告なので、…

価値と対価の不釣り合い

久しぶりにヤレヤレな状況に出くわしました。支援先と制作会社とのmtgに同席しました。ランディングページの制作を依頼していて、制作会社さんの出し…

マルチタスクを卒業する方法

ここ最近、環境の変化があり、いろいろと詰まってしまってます。EC事業の方では、商品リニューアル・サイトリニューアル・製品パンフリニューアルなど大きめのプロジェクト…

顧客には二度売れ

テマヒマでは不定期でセミナーをしています。内容はマーケティングを体系的に捉えて、本質を知ることをゴールにしています。項目としては、「マーケティ…

マーケティングにもパッチテストを

先月から息子(3才)が度々、顔面血まみれになっています。かゆくて掻きむしるうちに爪で引っ掻いてしまうようです。かさぶたになったらまたかゆくなり…