広告は投資

  1. コラム
「webの広告運用どうしたらいいの?」という質問をよくいただきます。

そういう時は「事業ステージによります」と答えます。

スタートアップ企業も中小規模企業も大規模企業も支援してきていますが、事業の成長段階によって必要な施策変わります。やるべきことが当たり前にできている状態があり、事業の規模と合わせて施策の積み上げをしていくようなイメージです。

でも多くの企業で事業ステージと施策とのミスマッチが起こっています。スタートアップなのに認知施策を実施していたり、大企業でもSEO対策とかLP改善サイクルの構築とか買う気にさせるコンテンツの開発とか、受け皿となる土台の施策がおろそかだったりします。

広告出稿を避けるということはビジネスの成長に期待していないということ

webでマーケティングを実現するためには、初期接点となる広告の運用が第一の関門となります。ここは避けては通れません。

最近は「SNSを活用してファン入り口を作ろう」という風潮もありますが、新規事業などの場合、まずは短期でのビジネスモデル確立が必要になります。

ちくちくコンテンツを作って、潜在的な見込み客にアプローチして、コミュニケーションして、少しずつ自社の提供している価値についてアピールできて、やっとこさ顕在的な見込み客との接点を生み出せるようなまどろっこしいやり方をしていては、ビジネスチャンスを逃してしまいます。

もちろん広告に使える資金がないような小規模事業主や個人商店などであれば、SNSを活用したマーケティング活動はとても魅力的で、全事業者が取り組むべき施策だと思います。

でも企業としてこれから大きく事業を展開していこうとしているなら、これはまずやるべきマーケティング活動ではありません。

ビジネスとは投資活動

ビジネスは投資です。使ったお金以上の利益を生む循環を作る活動と言えます。企業が収益拡大のために事業を展開するのであれば、いち早く事業としての仕組みを構築して、より大きな投資をしてより大きな利益を目指すべきだと考えます。

そのためには、広告出稿を起点としたマーケティング・プロセス構築に取り組み、正しい投資計画を元に予算投下をしていかなければいけません。広告が投資として機能していれば、予算組は容易い問題となります。

そこで、僕からのお歳暮として「適切な広告投資のために役立てる広告運用の話」を、明日以降でお話させていただければと思います。

トレンドを押さえるためにも別会社で年間5億円ほどの広告費を使って日々実験をしています。

そこで得られた知見なども可能な限りでお出しできればと思っています。

どうぞお楽しみに。

#マーケティング

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

鮭ハラスが取り戻した信用

ビジネスをしていればミスは有ります。顧客からクレームをもらったことがある人も多いと思います。僕も「人ってこんなに人に怒鳴れるんや…」と思った経験がありますw…

ゴールへの最短距離で考える

先日のアポへ行く途中の出来事です。秋葉原の駅前の広場で、20代前半と見られる若干肌の荒れたパンツスーツの女性が怯えた表情で右の方から近づいてきました。この時点…

マーケティングで使う「導線」

マーケティングの仕事をしていると「導線」という言葉をよく口にしていると思います。「導線」は、見込み客を顧客化するための道筋のような意味で使われています。人…

プロマーケターってどうなの?

昨日は「濃い顔の会」という顔の濃い人が集まる会合でした。その場で「ここ最近のマーケティングのプロ的な人たちのもてはやされ方はいかがなもんか?」という話題になりまし…

リーダーが持っているこだわり

ユニクロの社長は柳井さんですが、3年だけ別の方が社長をされていました。それが、ローソンの会長なども務めた玉塚さんです。玉塚さんが柳井さんの下で働いていた時…