USPとは?本当の意味とよくある間違い

似たような商品が乱立する世界で、自社の商品をどう売れば良いのか?

こう悩んでいる人は少なくないと思います。

この問題の解決策は、独自のウリを作ることです。

マーケティング用語では「USP(Unique Selling Proposition)」と呼ばれるものです。

1番推したい特徴のように扱われていることがたまにあるのですが、そうではありません。

USPは顧客に対する独自の提供価値でなければなりません。

「他の商品にはできないけど、私たちの商品にはできます。」と言えるものです。

 

他よりも優れた部分をUSPとして捉えているケースもありますが、そうではありません。

USPは優位性ではなく、独自性でなければいけません。

「他の商品よりも安いです。」「他の商品よりも軽いです」などはUSPにはなりません。

 

自社のUSPとして設定しているものがあれば、他社の商品と見比べてみてください。

他社の商品でも提供できる価値になっていませんか?

p.s.

もちろん、USPを設定できていないなら、まずそれを決めることから始めてください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気の記事

  1. 1

    AIDMAとは?|顧客が買うまでの行動の流れを知ることから始まる

  2. 2

    顧客がリピートしない理由

  3. 3

    マーケティングで使う「導線」

  4. 4

    ディスプレイ広告運用で初心者の壁を超える方法

  5. 5

    買い続ける理由の1つ

カテゴリー

関連記事