チームの力を集中させ、スピードを上げる方法

  1. コラム

化粧品ブランドのマーケティングプランを再構築しました。

主な目的はメンバーの意識の統一です。

このブランドで何を目指しているのか、そのために何を達成するのか、どんな価値を提供していくのかについて言語化しました。

そして、誰が見込み客なのか、どんな価値提供をしていくのか、どういうアプローチでそれを実現していくのかを整理しました。

業務中に適宜伝えてはいるものの、認識のズレは生まれるものです。

今回、資料に落とし込んで可視化したので、これで間違った幹から枝が出なくなればいいなと思ってます。

10名以下の少数チームでやっていますが、全てのチェックを平岡を通して進めている状況なので、どうしても動きが遅くなる場合があります。

他のメンバー同士でズレを直せるようにできれば、よりスピード感を持って前に進んでいけると思っています。

もちろん100%はないのですが、方向さえ間違っていなければ、ゴールには近づけます。

向かうべき方向が具体的になっていればいるほど、メンバー全員の認識の共通化がしやすくなります。

そのための指針となる地図を作ることは、今回改めて大切だなと感じました。

 

事業が目指していること(vision)、そのために達成すること(mission)、そのために提供していく価値(value)について言語化できていますか?

誰が顧客で、どんな価値を、どう届けていくのかを可視化できていますか?

 

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

事業を成功させるための3つの装置

インターンの募集を積極的に始めました。Wantedlyというマッチングサービスを利用して、大学生インターンを募集しています。数名面談をしていて改めて思うこ…

マーケティングの勉強の仕方

「どうやってマーケティングを勉強しましたか?」という質問をたまにもらいます。マーケティングのマの字もわかってなかった頃は、「マーケティングがわかる」的な初級者向け…

スタバCEOからの刺激

先日、スターバックスの日本法人元社長の岩田松雄さんのお話を聞く機会がありました。日本でTHE BODY SHOPやスターバックスを躍進させた立役者として有名な…

テマヒマメールのネタ探し法

世界中で利用されているメールマーケティングツール「BenchmarkEmail」さんから取材を受けました。ほぼ毎朝メールを送り続けていることと、開封率も高い水…

マーケティング組織の業務改善

マーケティング部の業務改善の支援もしています。実務的な部分を改善するにあたって、社内の体制に課題がある場合は、そのボトルネックを解消しなければ…

リサーチの罠

「同じ宣伝文句でも、好きなタレントが語りかけると○%効果UP!?~TVCM接触回数とブランドの関係~」という記事がありました。ビデオリサーチ社…