そのツール、ほんとに必要?

マーケティングツールってたくさんありますよね。

特に分析ツールは山ほどあります。

ツールを入れれば何かが変わると思って、多くの企業がいろんな有料ツールを使っています。

でも多くの企業がツールを宝の持ち腐れにしてます。

選ぶときはアレコレ考えて時間を使って検討したものの、導入した後はそこまでしっかり使えていなかったりします。

ツールは道具です。

道具は人力でできることをより上手にやったり、効率的にやれるようにするためのものです。

手で穴を掘るのは大変だけど、スコップを使えば楽に掘れるようになります。

でも、穴を掘ること自体は、スコップがなくてもできますよね。

穴の掘り方を知らない人がいたとしたら、スコップを手に入れても穴をうまく掘れません。

これと同じで、良いツールを手に入れても、そもそもそのツールでできることをやったことがなければうまく使いこなせないので、その価値を受け取れません。

マーケティングツールに関して言えば、無料で使えるツールでできることはたくさんあります。

その範囲で調査をしたり、分析をしたりするだけでは物足りなくなったり、時間がかかりすぎたりしたら、ツールを使うようにするとお金の無駄遣いをしなくてすみます。

最初から楽をしようとすると、高い買い物をさせられるということです。

p.s.
僕も買ってからほぼ使えていないiPad Proがあります。

絵も描けるし、動画も編集できるし、と思って高い買い物をしましたが、キングダムの電子版を読むくらいにしか使えてません。。

なので週末に推しを描いてみました↓

ハチワレ

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気の記事

  1. 1

    マーケティングで使う「導線」

  2. 2

    返報性の原理が効力を失う時…

  3. 3

    都知事選2020で見た広告術

  4. 4

    記事LPを活用すべき理由

  5. 5

    広告業界の不健全な構造

カテゴリー

関連記事