成果を出すために必要なのはコレ

私たちは何かしらの成果を出すために仕事をしています。

もし今やっていることの成果が、会社や自分が望むものでなければ、それはやるべき仕事ではありません。

成果を出すために必要なことが1つあります。

それは、成果が出るまでやり続けるということです。

成果が出るまでやるのだから、必ず成果が出ます。

シンプルな話ですよね。

ですが、多くの人がなかなか成果を出せません。

ただ闇雲にやり、成果がなかなか出ないから、今やっていることが間違っていると思って、別のことをやろうとしてしまうからです。

成果が出るまでやるというのはただ闇雲にやり続けるということではありません。

成果を出すために、やり方を工夫することが大前提です。

マーケティングにおいては、成果を出すために取れるアプローチが3つあります。

①売る相手を替える

②売る商品を変える

③売る相手を変える

1つ目は、今いる見込み客とは別の人に売るということです。

商品が提供する価値と見込み客の求める価値とのズレがあると売れません。

なので、あなたの商品を探している人を探します。

2つ目は、商品が提供する価値に手を加えるということです。

見込み客が求めている価値と商品の提供する価値とのズレがあると売れません。

なので、商品自体のアップデートや、その商品自体の価値を届けるような方法を取り入れます。

3つ目は、見込み客に対して必要を作り出すアプローチです。

あなたの商品が提供する価値に対して、見込み客が価値を感じていなければ売れません。

多くの場合、商品の提供する価値を自分にとって必要な価値だと見込み客に感じてもらえていないことが、売れない原因だったりします。

なので、見込み客に対して商品の提供する価値が必要だと感じてもらうためのコミュニケーションを行います。

多くの企業が売れない時、商品が悪いと思って、商品を変えようとしますが、実際には商品の価値が正しく届けられていないだけということはよくあります。

売り方を工夫し続けることができれば、商品は売れます。

必ず成果を出すための秘訣は、工夫をし続けて、やり続けることです。
ーマーケティングは一日にして成らずー

良かったら気軽にシェアお願いします↓

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気の記事

  1. 1

    AIDMAとは?|顧客が買うまでの行動の流れを知ることから始まる

  2. 2

    支援企業が使える提案の通し方

  3. 3

    ファミマ成長の裏にある代理店の活用法とは?

  4. 4

    eスポーツ市場が拡大しきれていない理由…

  5. 5

    人が買うと決める条件

カテゴリー

関連記事