限られたリソースを最大化させるための鍵

LINEプッシュでキャンペーン告知をしたら、CVRが5%を超えました。

ほぼ放置状態のアカウントですが、キャンペーン価格で提供できるタイミングだったので、ダメもとでプッシュメッセージを配信してみた感じでした。

数自体はまだ大したことないですが可能性を感じてます。キャンペーンは11月末までなので、定期的にコンテンツ配信して盛り上げつつ、プッシュメッセージでのクロージングに取り組んでみようと思います。期待してます。

キャンペーンに合わせて媒体の稼働も一気に進めています。今まで全然協力的じゃなかったアフィリエイターたちも我先にと前のめりに連絡してきています。

売りやすくて報酬が高いので、案件としては今1番美味しい案件なんだと思います。それはアフィリエイターの稼働を一気に増やすために、あえて撒いた餌ではあるのですが、こうも簡単に掌返されると複雑な気持ちです。

知られていない商品の場合、アフィリエイト報酬を高く設定することがポイントになります。なぜなら売りにくい商品なので、アフィリエイターが動いてくれないからです。

報酬が高ければ売りにくい商品でもやってくれるアフィリエイターは出てきます。

アフィリエイト報酬を回収するという考え方

報酬を高くしたら採算が合わないじゃないかと思うかもしれませんが、自社で運用するその他の広告で費用をかけずに獲得すれば、全体で見たときの獲得単価は目標の範囲内に収めることができます。

アフィリエイターが報酬獲得のためにたくさんの見込み客との接点を作るので、その人たちに対してリテンションしていくことで自社運用の獲得効率を高めていきます。

理想的には、アフィリエイト報酬単価の半分くらいの獲得単価で自社の広告運用ができていれば良いなという感じです。それを見越して、目標の獲得単価から逆算したアフィリエイト報酬単価を設定すれば、稼働してくれるアフィリエイターも出てきます。

施策単体で考えていると、展開が狭いものになります。施策全体で考えることで、展開が広がり、獲得のチャンスを最大化することができます。

施策ごとのKPIを持つことが、限られたリソースを最大化させるための鍵

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気の記事

  1. 1

    AIDMAとは?|顧客が買うまでの行動の流れを知ることから始まる

  2. 2

    支援企業が使える提案の通し方

  3. 3

    ファミマ成長の裏にある代理店の活用法とは?

  4. 4

    eスポーツ市場が拡大しきれていない理由…

  5. 5

    人が買うと決める条件

カテゴリー

関連記事