BtoBのマーケティングにはメールが最強な理由

見込み客にアプローチする方法は多様化してます。

チャットツールが普及し、仕事のやり取りの多くはチャットでやっている人も増えています。

ですが、仕事でメールの受信箱を全く見なくなった人は少ないのではないでしょうか?

社外とのやりとりでは、メールがまだまだ主流な業界は多いです。

名刺にはチャットIDはなくても、メールアドレスは確実にあります。

ビジネス系の情報を受け取るのも、最近はLINEも増えていますが、メールがまだまだ主流です。

LINEのビジネスアカウントに登録してもらってアプローチする場合は、使用に対してお金がかかります。大量に送ろうとするとえげつない金額になってしまいます。

メールならどれだけ送ってもお金はかかりません。

DMを送るにも、電話営業するにも、やればやるだけお金がかかります。

ですが、メールはお金がかかりません。

見込み客が日常的に使っていて、アプローチにも費用がかからないツールを使わない理由はないですよね。

なので、BtoB企業が見込み客へアプローチするためには、メールアドレスが最適だと言えます。

でも、それほど活用できていない企業がほとんどです。

そのくせ、SNSアカウントや動画チャンネルを作って見込み客を囲い込もうとしたりします。

お金も時間も労力もかけてこれらに取り組むよりも、まず手元にあるリストに対してメールで効果的にアプローチした方が、断然コスパが良いのに…

これは見込み客リストをただのアポリストとしてしか捉えられていないからです。

見込み客リストをマーケティングによって資産化することで、ただのアポリストではなく、商品に興味を持っている人たちの連絡先として扱うことができます。

ーマーケティングは一日にして成らずー
良かったら気軽にシェアお願いします↓

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気の記事

  1. 1

    都知事選2020で見た広告術

  2. 2

    ファン向け商品の落とし穴とは?

  3. 3

    CRMの本質わかってる?

  4. 4

    忘れてはいけない広告の役割

  5. 5

    Fenderのサブスクモデル

カテゴリー

関連記事