バーガーキングの素晴らしいアンサー広告

  1. 事例

ビジネスにも良きライバルは必要ですよね。

秋葉原のマクドナルドが閉店になりました。

それに対してバーガーキングがライバルを称えるポスターを掲示しています。

こんな心温まるメッセージが書かれています。

22年間たくさんのハッピーをありがとう。

私達の2軒隣のマクドナルドさんが今日で最終日を迎えます。
たがいに良きライバルとして、アキバを愛する仲間として
ちかくにいたからこそ、私たちもがんばることができました。マクドナルドさん
のいないこれからを思うと寂しさでいっぱいです。どうかみなさん、
勝手なお願いですが、今日は彼のところへ行ってください。ずっと背中を追い続けた
チャレンジャーの私たちから、スマイルを込めてお疲れさまでした。

追われる者と追いかける者がいるからこそ、そこに価値の高まりが生まれ続けるのだと思います。よくビジネスの現場で「競合はどこだ」「競合はどうだ」とか聞きます。

でも、大した大きさの市場ではないのにシェアを奪い合おうとしている様子を見て、マーケティングを理解できていないなと感じてしまいます。

マーケティングによって市場は創れます。市場は大きくできます。もちろん簡単ではありません。

そして、1企業だけでできることでもありません。でも、同じ価値を提供する者同士がお互い盛り上げあいながら、その市場を拡大していくようにしていれば、企業が十分に収益を上げていける状況は創れます。

バーガーキングのこの広告はまさにそれを体現しているなと感じまし・・・!?

22年間たくさんのハッピーをありがとう。






私たちの勝ち!?

ユーモア溢れすぎていて最高ですねw

ちゃっかりマクドのレシートを持ってくれば、コーヒーを無料にするキャンペーンを用意してるあたりも秀逸すぎます。

バーガーキングのプランナーはめちゃめちゃ優秀だなと、そしてそれをGOできる経営判断もかなりイケてるなといつも思わされます。

多くの企業が真似したくてもできないレベルのマーケティングです。企業としての核がしっかりと定まっているので、それをどう伝えるかの企画を考え実行するところに集中できているのだと思います。なので、いつも話題になるプロモーションを実施できているんだなと感じています。

自分たちが誰に対して、何を提供していて、どのように届けるのか。

マーケティングはその追究しかありません。

 

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

価格設定で密を回避した事例

ダイナミックプライシングをご存知ですか?航空券やホテルなどで取り入れられている価格設定のやり方で、混む時期の価格を高く設定する方法です。それによって、需要と供給の…

コロナピンチをチャンスに変えた商品

名古屋のバスツアーを企画する旅行会社が車庫を見学するツアーを考えて話題になっています。観光業は大きな打撃を受けている業界です。同社も新型コロナの影響でバスツアーに…

その広告費、ドブに捨ててますよ?

 週末に法事で大阪に帰省していました。東京モノレールに乗るために浜松町へ向かう途中。駅のホームで地味な車体広告の山手線が目に止まりまし…

人の興味を引くための2つの要素

吉本興業さんが世間の注目を集めている影で、ネットの世界では別の炎上事案が話題になっていました。Youtubeで人気の「レペゼン地球」というDJユニットの代表を…

売れ続ける商品の理由

湖池屋さんが平成最後の日となる平成31年4月30日を賞味期限とする「湖池屋 平成最後のポテトチップス 濃いめのり塩」を、全国のローソン店舗限定(「ローソンストア100…

買わない人を顧客にする方法

1つの言葉だけで顧客を増やすきっかけを作った事例です。冷凍餃子でお世話になっている味の素さんが素敵な投稿をしていました。「手抜き」という言葉には後…