事業主への警鐘

  1. コラム

昨年adtech tokyoというデジタルマーケティングのカンファレンスに出展しました。

今日はその時、ブースで展示していたスライドをシェアしたいと思います。

コンセプトは「広告代理店をマーケティングパートナーだと思ってしまっている事業主への警鐘」です。

女の子の画像にセリフを重ねた50のスライドで構成されています。来場者の多くを締めるのは広告代理店です。そんな会場で、広告代理店を敵に回すような内容に仕上げてみました。

ほぼ無人のブースで、自発的に足止めしてくれている来場者の方が結構居たので、作戦としては成功できたと思っています。

先日、スライドシェアというスライドのシェアサービスにアップしたところ、既に9,000回程度閲覧されている状況です。休憩がてら見ていただければ幸いです。

http://www.slideshare.net/DaisukeHiraoka1/adtech-16-9-61907933

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

広告費をかけたくない企業が支払う代償

広告費をかけたくないクライアントの相談を受けました。ビジネスは投資回収です。手元資金を投じて、それ以上の利益を手に入れる。そして、それを原資にまた投じて、より大き…

失礼な客と価値観

昨日、友人の会社のマーケティングmtgをして流れでご飯へ行きました。まずは目下、応援中の串カツ田中です。その後、お店を変えて飲んでいました…

眼科で自戒した全ての仕事に必要なこと

嫌な出来事がありました。コンタクトを買うためにアイシティへ行ったのですが、いつもお世話になっている店舗に併設されている眼科が閉院したということで、別の店舗を紹介さ…

EC事業社の悩みの種

メーカーで通販事業をやっている企業の悩みの種は「転売ヤー」です。転売ヤーとは転売をする業者のことです。単品リピート型の商品の場合、想定されるLTVを見越して初回の…