人を動かす仕掛け

  1. コラム

「仕掛学」という学問があるのをご存知ですか?

大阪大学の松村教授が提唱している新しい学問です。人が思わず行動してしまう「仕掛け」を作ることで、社会をよりよくすることを目指しています。

ゴミ箱にゴミを入れたくなる仕掛け。
によって、ポイ捨て問題を解決しています。

的を狙いたくなる仕掛け。
によって、飛び散り問題を解決しています。

揃えたくなる仕掛け。
によって、ファイルの位置がわからなくなる問題を解決しています。

「行動の選択肢を増やす」のが「仕掛け」だと松村教授は言っています。そして、「『仕掛け』は、仕掛けられた側が損をしたり不快な気持ちになったり、強制されたりする場合は『仕掛け』には該当しない」とも言っています。ポイントは、コストをかけずにさっとできるところです。

人を惹き付ける仕掛けはあるか?

マーケティングは見込み客と商品とのマッチングをスムーズにするための活動です。見込み客自ら購入までのプロセスを進んでもらうことを目的としています。こちらが促すわけではなく、見込み客の取りたい行動が購入へと繋がっていれば、それは実現します。
思わず気づいてしまう、思わず興味を持ってしまう、思わず詳しく知りたくなって、買ってしまう。そして、また買ってしまう。
どんな仕掛けを用意できるかが、マーケターの腕の見せ所です。

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

BtoB企業でのマーケティングの始め方

「効率的・効果的に集客したい、そのためにマーケティングが必要だ。」と考えられている方は多いと思います。でも、「何から始めればいいんだろう?」というのが多くの企業で…

期待を超えてくるエキナカカレー

10時の新幹線に乗り帰省しました。朝6時に朝ごはんを食べたので、新幹線が発車した後、徐々にお腹が空き始めた。ワゴン販売で何か買おうかと思ったけ…

マーケターの活動時間を3倍にする方法

マーケターは無駄な時間を過ごしすぎている。商品をどう売るか?顧客との関係づくりをどう進めるか?コスパの良い集客方法は無いか?などと、常に頭の中は大忙しだと思います…

次の時代を考える

先日、大学時代の友人の結婚パーティのため、大阪へ帰省していました。地元は大阪市内ですが工場やら商店やらの多い下町で、実家の付近は昔ながらの平屋…