人を動かす仕掛け

  1. コラム

「仕掛学」という学問があるのをご存知ですか?

大阪大学の松村教授が提唱している新しい学問です。人が思わず行動してしまう「仕掛け」を作ることで、社会をよりよくすることを目指しています。

ゴミ箱にゴミを入れたくなる仕掛け。
によって、ポイ捨て問題を解決しています。

的を狙いたくなる仕掛け。
によって、飛び散り問題を解決しています。

揃えたくなる仕掛け。
によって、ファイルの位置がわからなくなる問題を解決しています。

「行動の選択肢を増やす」のが「仕掛け」だと松村教授は言っています。そして、「『仕掛け』は、仕掛けられた側が損をしたり不快な気持ちになったり、強制されたりする場合は『仕掛け』には該当しない」とも言っています。ポイントは、コストをかけずにさっとできるところです。

人を惹き付ける仕掛けはあるか?

マーケティングは見込み客と商品とのマッチングをスムーズにするための活動です。見込み客自ら購入までのプロセスを進んでもらうことを目的としています。こちらが促すわけではなく、見込み客の取りたい行動が購入へと繋がっていれば、それは実現します。
思わず気づいてしまう、思わず興味を持ってしまう、思わず詳しく知りたくなって、買ってしまう。そして、また買ってしまう。
どんな仕掛けを用意できるかが、マーケターの腕の見せ所です。

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

顧客のライフスタイルを見極める

昨日は奥様の代打で息子のお迎えに行きました。18時まで打ち合わせがあったので、お迎え時間はギリギリ。保育園に着いた時には19時を周り、息子はお迎えを待つ最後の…

人が反応したくなるコンテンツ

15日でテマヒマは6周年を迎えました。ほぼ毎年、違う方向へ舵きりしながら前に進んできましたが、ぼちぼち方向が定まってきた感じはあります。ちょうどオフィスへ…

企業アプリって意味あるの?

保育園の連絡帳が無くなり、園と保護者との連絡はアプリでの運用になりました。家での様子や寝た時間起きた時間、朝食や体温などを毎日ノートに記載していたのですが、そ…

動画元年って何年あるの?

毎年「動画元年」という言葉を至るところで耳にしますが、個人的にはもう既に数年経っている印象です。インフラの整備に伴い、コンテンツの供給が進んだことによって、動…