今、活用すべきインフルエンサーとは?

インフルエンサー活用できてますか?

どんなビジネスのマーケティングにも活用できるのがインフルエンサーによるプロモーションです。

昔はブロガー、少し前はインスタグラマー、今の主流はYoutuberです。

なぜ効果的かというと、最初は口コミとして生活者へ商品の情報が届くからです。

見込み客は売り手の言葉ではなく、買い手の言葉をより信用します。

今も昔も、口コミがマーケティング成功のための要因であることに変わりはありません。

ですが、その口コミ効果は徐々に薄れていきます。

インフルエンサーとして活動する人が増えるにつれ、それが自然発生的なものではなく、売り手によって仕込まれたものだと、生活者が認識し出すからです。

最初は一部のフォロワー数の多いインフルエンサーだけが企業案件を取り扱えますが、徐々にフォロワーの少ないインフルエンサーにも案件が流れていきます。

今ではインスタグラムをやっているほとんどの人が、案件の存在を認知しているはずです。

むしろインスタグラムを積極的にやっている人は、案件を手に入れるために頑張っている人がほとんどの印象です。

Youtuberに関しても、今はまだ登録者の多い人だけが企業案件を得られる状況ですが、そのうちYoutubeを運用する人のほとんどが案件目当ての状況になっていきます。

そうなると、今は効果的なYoutubeでのプロモーションも効果が薄れていくことが予測されます。

なので、もしマーケティング施策にYoutubeなどの動画コンテンツを活用できていないなら、今がチャンスです。

有名Youtuberでなくても、ファンを抱えているYoutuberはたくさんいます。

今なら彼らに、安価に依頼することができます。

今はまだ生活者の可処分時間の多くを動画コンテンツが占めている状況です。

当社のゲーミングサプリでもゲーム配信者のメディア化を進めています。

一般的なYoutuberだと固定費で依頼をすることになり、費用対効果が読めないのですが、ゲーム配信者の場合はまだ手付かずのインフルエンサーも多いので、成果報酬で案件を受けてもらえる状況です。

一般的なインスタグラマーは逆に、需要より供給の方が多くなっているため、成果報酬でも案件を依頼できる状況になっています。

【お知らせ】

インスタやYoutubeなどのインフルエンサー活用の知見も溜まり、パートナーも増えてきたので、近々インフルエンサー活用を支援するチームを作りました。

・ビジネスが成長の踊り場にいる

・インフルエンサー活用がうまくいっていない

・インフルエンサー活用をコスパ良くやってみたい

とお考えであれば、是非ご連絡ください。

今のタイミングであればご要望に合わせたサポートの構築ができると思いますので。

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気の記事

  1. 1

    都知事選2020で見た広告術

  2. 2

    ファン向け商品の落とし穴とは?

  3. 3

    忘れてはいけない広告の役割

  4. 4

    5日間で700万本!?

  5. 5

    顧客がリピートしない理由

カテゴリー

関連記事