お盆帰省で感じたマーケターに必要なスキル

  1. コラム

先週末から昨日まで大阪へ帰省していました。

下の子が1歳なのでベビーカーで駅を移動するのですが、残念な光景に出くわしました。

ホームから改札階への移動のためエレベーターを利用していました。お盆周辺ということもありだいたい長蛇の列です。

単純に利用者が多いということもありますが、明らかにエレベーターでなくてもいい登場人物がいました。

ベビーカーを押してる奥様の付添の旦那たちです。この人達が居なくなるだけで、スムーズにエレベーターに乗り込めるのにと思いました。しかもだいたい旦那の方が身軽です。

「片時も離れたくない!」というほど熱々な状態でもないでしょうし、少し周りの状況を見れば自分の気遣いによって助かる人がいるということは明らかです。

列を為していないなら構わないと思います。明らかに3ターンくらい待たないと乗れない人がいる状況に気づけてない、気づいていても気にしてないという人なので、「仕事とかできない人なんやろうな。奥様かわいそう。」と、勝手な(余計な)哀れみを感じていました。

相手の立場になれるスキル

周りを見れる力、環境への想像力はマーケターに必要なスキルだと思っています。マーケティングができていない企業は、自分本位でセールス主体のビジネスをしています。

これは市場環境や顧客の頭の中を想像できていない証拠です。ただ単に言いたいことを言う、凄いというアピールをする、反応がなければ反応する相手をひたすら探し続ける。

これも一つのマーケティングアプローチではありますが、マスに対してアプローチしていくためのリソースが十分な企業はひとつまみも居ないと思います。

なので、多くの企業は相手を理解し、その人達がいる環境を理解し、どう手を差し伸べれば価値を提供できるのか?を考えていかなければいけません。

見込み客やその周辺の人は今、何に困っているのでしょうか?

 

マーケティング道場ONLINE

詳しく見る
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

利益を増やすためのアクション

1月15日でテマヒマは5周年を迎えました。リスティング運用をしてくれているパートナーから素敵な贈り物をいただきました。「てまひま」という名前の日本…

Twitterのフォロワーを増やす方法

昨日Twitterでナンパしてくれた方とお会いしました。Instagramの運用代行をしている方で、最近Twitterを積極的に使ってマーケティングに携わっている人たちに…

成功のための骨と肉

今は物事を成功させることが、とても簡単な時代だと思います。エジソンは白熱ランプの性能を改良するために、3000以上もの理論を試して、何千もの材…

稼ぎ続ける人がやっていること

信用の面積を広げる、というお話。キングコングの西野さんが東京デザインウィークというイベントで話した「お金の稼ぎ方」という記事の書き起こしがFa…