お盆帰省で感じたマーケターに必要なスキル

  1. コラム

先週末から昨日まで大阪へ帰省していました。

下の子が1歳なのでベビーカーで駅を移動するのですが、残念な光景に出くわしました。

ホームから改札階への移動のためエレベーターを利用していました。お盆周辺ということもありだいたい長蛇の列です。

単純に利用者が多いということもありますが、明らかにエレベーターでなくてもいい登場人物がいました。

ベビーカーを押してる奥様の付添の旦那たちです。この人達が居なくなるだけで、スムーズにエレベーターに乗り込めるのにと思いました。しかもだいたい旦那の方が身軽です。

「片時も離れたくない!」というほど熱々な状態でもないでしょうし、少し周りの状況を見れば自分の気遣いによって助かる人がいるということは明らかです。

列を為していないなら構わないと思います。明らかに3ターンくらい待たないと乗れない人がいる状況に気づけてない、気づいていても気にしてないという人なので、「仕事とかできない人なんやろうな。奥様かわいそう。」と、勝手な(余計な)哀れみを感じていました。

相手の立場になれるスキル

周りを見れる力、環境への想像力はマーケターに必要なスキルだと思っています。マーケティングができていない企業は、自分本位でセールス主体のビジネスをしています。

これは市場環境や顧客の頭の中を想像できていない証拠です。ただ単に言いたいことを言う、凄いというアピールをする、反応がなければ反応する相手をひたすら探し続ける。

これも一つのマーケティングアプローチではありますが、マスに対してアプローチしていくためのリソースが十分な企業はひとつまみも居ないと思います。

なので、多くの企業は相手を理解し、その人達がいる環境を理解し、どう手を差し伸べれば価値を提供できるのか?を考えていかなければいけません。

見込み客やその周辺の人は今、何に困っているのでしょうか?

 

5000円で売れる仕組みを作るスキルを手に入れる
マーケティング道場ONLINE

申込はこちら
平岡 大輔

プロモーション領域の端から端までを熟知しているバランス型マーケター。
総合広告会社でTVCM中心にマスメディアのプランニングに従事。
web系ベンチャー企業でクリエイティブ事業部の責任者として多数のwebサイト開発に取り組みながら、EC企業のマーケティングコンサルタントとしても活躍。D2C企業の経営に参画し、年間5億円の広告費を使いながら理論と実践のPDCAを回している。マーケティングのプランニングからディレクションまでを得意領域としており、チームビルディング・チームマネジメントにも精通。

記事一覧

関連記事

デザインの力を発揮した事例

デザインとはある解決策を見た目の様子を変えることで解決する手段です。見た目の部分に注目されがちですが、課題に対する解決策の設計部分がより重要な役割だと言えます。…

目標達成のための技術

小二の息子が生活習慣力アップノートというものをつけています。予定を立てて日記で振り返るというノートで、ひと月分が1冊になっています。行動の結果を得点によって客観的…

企業アプリって意味あるの?

保育園の連絡帳が無くなり、園と保護者との連絡はアプリでの運用になりました。家での様子や寝た時間起きた時間、朝食や体温などを毎日ノートに記載していたのですが、そ…

返報性の原理の落とし穴

ビジネスは投資回収です。先に自分のリソースを使って生み出した価値を、顧客に買ってもらうというのが原理原則です。つまり、まずGIVEすることを意識すればうま…

マーケターに向いてる人向いてない人

こんなツイートがありました。マーケターは、営業という売る仕事をしている人の方が向いているというつぶやきです。売るためのプロセスの起点になるのが広告なので、…

コレを変えれば生産性は高まる

昨日から完全ヒキコモリ生活を始めました。このデータを見たことがきっかけです。ニューヨークと東京では条件がまったく同じではないので、まったく同じ道をたどるか…