欲望の見つけ方とは?

話題の本を読みました。

「欲望の見つけ方」

人間心理を解き明かすと銘打たれていたので気になって読んでみました。

結論、人の欲望は誰かの模倣である、ということです。

今手に入れたいと思っている物やありたい状態は、周りの誰かに影響されたことが原因だそうです。

確かに、誰かが持っているので欲しいと感じることってよくありますよね。

僕が初めてiPhoneを手にしたのは、当時勤めていた会社のネットメディア部門の部長が持っているのを見て、かっこいいなと思ったからです。

その時は出たばかりでまだ誰もiPhoneを持っていなかったので、今iPhoneを買えば会社の中で2番目に早いiPhoneユーザーになれる、という思いがあったのを覚えています。

iPhoneの機能自体に興味があったのではなく、持っている人を見てイケてるなと感じたので、欲しいという感情が生まれたことになります。

人の影響を受けてますよね。

部活などをやっていた人ならわかると思いますが、尊敬する先輩が使っている道具を持ちたいと思ったりしますよね。

その先輩がいなければ、その道具を欲しいと思うことはなかったということです。

私たちの欲望の多くは、本当に自分が求めているものではないかもしれません。

誰かと自分を比較して、その誰かに近づきたい、より優れていると感じたい、そういう気持ちから相手の持っているものや、ある状態を求めているに過ぎないということです。

もっとお金が欲しいと多くの人が思っていますが、本当に必要でしょうか?

今とても生活に困窮しているなら、それは本心だと思います。

ですが、寝る場所があり、食べるものがあり、自分の意思で行動できるなら、それ以上に必要なものは本来ありません。

今欲しいものをリストアップしてみてください。

そして、なぜそれを欲しいと思ったのかを書き出してみてください。

誰かの欲望が紛れ込んでいるかもしれません。

コメント

この記事へのコメントはありません。

人気の記事

  1. 1

    AIDMAとは?|顧客が買うまでの行動の流れを知ることから始まる

  2. 2

    顧客がリピートしない理由

  3. 3

    マーケティングで使う「導線」

  4. 4

    ディスプレイ広告運用で初心者の壁を超える方法

  5. 5

    買い続ける理由の1つ

カテゴリー

関連記事